MEXICO TRIPその4

7日目の朝。

いつものように夜明け前から起きてみたもののまた朝の悪い風がそよそよと吹いている。

波乗りは今日で5日目だ。

昨日の午後の最高の波をやった後ではサイドの風を食らった波はあまり乗り気がしない。

しかも下がるかと思われた波もう一度息を吹き返したかのようにサイズを上げて来ている、、

思い切ってレストにした。

思い思いの時間を過ごし、まったりしているとBuggs隊長が『船が向きを変えた。20分後に出発だ!」

Buggsさんはどいうやら船の向きを見て風向きを確認しているようだった。

ずーっと波の事を考えているこのおっさん。かなりの好き者だなー、、

向かうは昨日と同じポイント。Alex Grayも今日は一緒。楽しみだ。

IMG_6593

IMG_2009

今日は軽装でビール、タープ無し。

良い木陰を見つけベースキャンプに。

IMG_2195

すでに緩いオフショアに変わっている!

波は昨日よりさらに良い!

IMG_2858

一番で沖に向かったMassaが最高な波を掴んだ。

IMG_2865 IMG_2873

まるでJeffreys Bay!

ボトムからトップに向かう間にも波がサイズを増す。

IMG_2877

Massaがこの日最大級の波にテイクオフ!

IMG_2966 IMG_2999 IMG_3000 IMG_3001

ヤバイ〜!

Shinはズッポリ

IMG_3044 IMG_3045

手前の棚にヒットする波に

IMG_3110 IMG_3111 IMG_3117 IMG_3118 IMG_3119 IMG_3120

オフザリップ

からの

ラウンドハウスカットバックで特大の当て込み!

IMG_3150 IMG_3152

私は今日もChristensonの6’2

IMG_3166 IMG_3190 IMG_3191 IMG_3192 IMG_3193

気持ち良いです。

Alex Gray

IMG_3197 IMG_3198 IMG_3199 IMG_3200

縦に上がるスプレー。

一回裏側に出て戻ってくるかのようなカービングターン。 IMG_3221 IMG_3223 IMG_3224

波にコーピングが見えました。

チューブもカジュアルに。

IMG_3236 IMG_3237 IMG_3238 IMG_3239 IMG_3255 IMG_3256 IMG_3257 IMG_3258 IMG_3259

良いもの見せていただきました。

ガラスの腰を持つO君。板を持って30分歩くのは危険と諦めたが、それでも手ぶらでポイントまで来た。

そして一生に一度あるか?というコンディションにカメラを放り投げ、板を借りてついにパドルアウト。

IMG_3472 IMG_3477 IMG_3479 IMG_3489 IMG_3491 IMG_3496 IMG_3498 IMG_3499 IMG_3501 IMG_3502IMG_3505

渾身のロングライド。

泣けます。

IMG_3614

全員満足して帰路に。

IMG_3610

ここは国立公園内。

なので車乗り入れ禁止。

手付かずの自然の宝庫。波も自然の賜物。

完全に自然のままのビーチ。

IMG_3948

レストランまで戻って来て今日に乾杯。

ひょっとしたら今まで37年波乗りして来た中で一番良い波かもしれない。

「Baggs隊長。明日はどうしますか?」

「船を出すぞ」

おー!!「Yes, Sir!!」

その5へ続く、、

MEXICO TRIPその3

6日目の朝。

前の晩の宿のオーナーBuggsさんからの指示通り5時半に起床してみたものの風向きがあまり良くない、、

IMG_1680

サイズはここへ来て一番大きい。

しかも、Buggsさんも、Buggsさんのリビングの床に居候しているAlexも起きてこない。

とりあえず、ガイドのトロは準備してくれていたので板を積んで風が強くなる前に一番近いConejoに出発。

IMG_1690

素晴らしい朝焼けと虹。

IMG_1686IMG_2410

明るくなって来ると波の大きさがわかって来た。

IMG_1680IMG_1680 IMG_2368

ピークのセットはダブルオーバーヘッド以上ありそうだ。

ブレイクはきれいなので沖に出れれば何とか行けそうな感じ。

出来るだけピーク近くまで歩いていく。いつもならセットが止んだタイミングで左に漕いでチャンネルに出ればすぐピーク。が今日はまずセットが止まない。

10分近くタイミングを計り、意を決してパドルアウト。 IMG_2378 IMG_2382

が、、やはりセットが押し寄せて来た、、、

IMG_2383

運良くMaxのセットではなかったようで、波の来ないチャンネルまで出るのに100M以上戻されるもShinとMassaは沖をGet。

IMG_2404

IMG_2406

Shin

プーケットのオンショアで鍛えているせいか、よれた斜面でも一瞬のクリーンなゾーンを見つけテイクオフをメイクして行く。私なら吹き飛ばされて終了ですが、さすがです。

IMG_2415 IMG_2416

1時間程でパドルの限界。風も強くなり終了。

思ったよりハードなモーニングエクササイズでした。

毎日のデカい波に正直体も悲鳴をあげていますが誰もそんなことは言いません。

無言の低周波。

IMG_3837

朝食を食べてボーッとしている我らの前に現れたBuggsさん。「良くないだろ。でももうすぐ風変わるぞ!◯◯◯に行こう!20分後に出発だ!」

「Yes Sir!」

夢にまでみたポイント。サリナクルスに通って3回目にしてついにチャンスが回って来ました。以前見たここで撮影したというミックファニングのムービーでは1本の波でチューブに6回くらい入り、10回くらいオフザリップし、最後は疲れ果てて何にもしないでただ乗っているだけというものでした、、

道の行き止まりで車を止め波チェック。

IMG_1797

遠すぎて見えないが、バグスさんが良さそうだぞ。行くぞと。

IMG_1798

バックパックに水とカメラと日焼け止め、ワックス、を詰めて30分歩いてポイントまで。

IMG_6596

ビールは手押し車でローカルが運んでくれるという!

IMG_1799

インサイドに到着。

おー!!やばいぞ!!

しかもバグスさんの予想通り無風に!

IMG_1825

ピークは奥の奥で岩で見えない。

IMG_2485

IMG_1828

ベースキャンプも作り体制は万全。

IMG_1827

朝の疲れもよそに、カメラでは捉えることができない遥か彼方のピークから巨大カットバックで繋ぎながらインサイドセクションに突入して来たMassa。

IMG_2490 IMG_2491 IMG_2492 IMG_2493

絶好調!

IMG_2513 IMG_2515 IMG_2516

私はここをイメージして1本持って来ていた軽目のショートボード。ChristensonのMescaline6’2。

IMG_1816

ここで初おろし。

探りながら徐々に。

IMG_2536

IMG_2619 IMG_2627 IMG_2633

スノーボードのようにデカいラインも最高。ノートリムで一筆書き。

ボトムターンもやりやすい。久しぶりのトライフィン。気持ち良いです。

IMG_2551 IMG_2552

ライトの波しかないここへの旅に今回も参加してくれたKatsu。

IMG_2782

ピークへはこんな感じで歩いていきます。

IMG_2739

波は最高!だいぶ調子が上がって来ました。

IMG_2560 IMG_2561 IMG_2562 IMG_2576 IMG_2577 IMG_2578

私たちにとっては最高な波だが、このポイントにはサイズが大きすぎるようでチューブにはなかなかならない。

そんな中、インサイドの浅い棚を狙ったガイドのトロがプルイン!流石ローカル。波、知ってます。

IMG_2801 IMG_2806 IMG_2808 IMG_2809 IMG_2810 IMG_2811 IMG_2813 IMG_2814 IMG_2816 IMG_2818 IMG_2821

長い1ラウンドを終えて、来た道のりを汗だくで歩いて車まで戻る。車を停めさせてもらったレストランで最高なツマミにビールで乾杯!

IMG_1830

キャンプに戻ると昨日は一緒に行くと言っていたAlex登場。どチューブのポイントで物凄い奴をやったそう。やり切った感が伝わって来ました。その波はインスタグラム  a_gray でご覧下さい。

夜は街のレストランへ行こうと相成り、行きの車から焼酎セッション!

IMG_6575

町一番のタコス屋へ。

IMG_3838 IMG_3839 IMG_3840

絶品です!

IMG_1832

奥の激辛ソースにはやられてしまいましたが、、

バグスさんによると「波は今日がピーク。明日は少し収まってさらに良くなるぞ!今日の波はあそこの良いときの50%だ。」と、、

バグスさん:「明日も5時半起床だ!」

私:「ひえー」

その4へ続く、、

MEXICO TRIPその2

日本を出発して4日目。

Huatulcoを発ちいよいよSalina Cruzへ。

途中いくつものポイントブレイクを通過しながら3時間ほど走るとサリナクルスのサーフキャンプ。Punta Conejo Resortに到着した。

IMG_3076

IMG_2226

奥に見える岬の向こう側がConejoポイントという最高の立地。ビーチフロントの宿だ。

IMG_1511

プール付でバーもある。

IMG_3072

私達はLa Escondidaという部屋にチェックイン。

IMG_1600

相変わらずの水シャワー以外は完璧。

 IMG_1601

IMG_1972

パッキングをほどき、クイバーを並べてひと段落したところで、大量にかいた汗を流しにプールにドボン。

ランチタイムは終了してしまったとの事でしたが軽食を作ってくれました。

IMG_1510

ワカモレとサルサでModeloがグイグイ進んでしまいます、、

この宿は3食付き。サーフガイドも毎日付いてくれ、運転はもちろん、身の回りの困ったことなどにもガイドが全て対応してくれます。サーフィンとビール、飯に集中できる完全なサーフキャンプ。

今回は何と6本。自分のコフィンに4本。プラス2本しか持っていかない後輩のバッグに2本。我ながら呆れてしまいます。

IMG_3060

午後。早速一番近いConejoへ出発。

IMG_6452

オーバーヘッドは優にあるセットがひっきりなしに500Mに渡ってブレイクしていく。

IMG_2164

サイズが大きい為少し厚めではあるが無人という事で迷わずここに決定。

IMG_2094

私はまずはPavelのRace Tracker6’10。

IMG_2097

IMG_2105

Massa

IMG_2139 IMG_2142IMG_2150

Shin

IMG_2165IMG_2166

Massa

これから波はどんどん良くなるよ!という情報ももらい程々にして切り上げて宿へ戻る。

IMG_1575

晩御飯はエビ!

海老を肴にビール2本に焼酎2杯で撃沈。

仲間のイビキに備え(自分もうるさいそうですが)持参した耳栓とアイマスクを装備し、深い完璧な眠りを得ました。

地響きのように鳴るショアブレイクの目覚まし音で目覚めたのは翌朝6時。

IMG_3833

確実にデカくなってます。

ガラスの腰を持つ0君は出発前に再び腰をやってしまい、何とかここまでたどり着いたものの部屋で休む事に。

IMG_3834

Punta Conejo Resort and Spaとなりました。

それにしても皆さん用意がいい、、

朝イチは宿から2番目に近いChivoへ。

昨日のConejoに引き続きここも無人!

 IMG_2185

距離はConejo程ではないですがコンパクトで掘れてくるブレイク。

IMG_2193

IMG_2196

仲間だけでこの波をシェア出来るだけで最高です。

IMG_2187

Shin

その後サイドの風が吹いて来てしまい残念ながら早めに撤収。

一度キャンプへ戻り朝食を食べながら作戦会議。

FullSizeRender

午後には風が変わるとの事でシエスタを取りながら待つ事に。

午後、風がおさまって来たところでConejoへ。

まだ少しバンピーですがだんだんとまとまって来ている模様。

IMG_2326

IMG_2202

同じ宿に来ているAlex Gray

IMG_2217 IMG_2218

IMG_2316

IMG_2262

ビッグウェーバーでバレルハンターのAlex。朝はどチューブのポイントでバッチリやったらしく、この夕方はノーリーシュで遊んでいました。

私は7’4のTappy Shape MOD Twin Pin 4channel

IMG_2231 IMG_2233 IMG_2244

旅にミッドレングスは欠かせません。リラックスしてロングライドを楽しめました。

IMG_2252

遥か彼方までロングライドを決めてウォークバック。

IMG_2261

Shinがこの旅用に作ったTappy Twin Pinは6’5。

IMG_2292

このあとスープにすごい当て込みをするのですが、そちらはInstagramのムービーをご覧ください。

IMG_2319

スピードもネクストレベルですが動きも凄い。Twin Pinヤベー言う話しで盛り上がっております。

IMG_2341 IMG_2342 IMG_2345 IMG_2349

IMG_2285

Massaも調子が上がって来ております。

IMG_2281 IMG_2282 IMG_2283

IMG_2357 IMG_2359 IMG_2362 IMG_2365

Alexはやはり遊んでます。

徐々にサイズを増しながらまとまりつつある状況。

明日も楽しみです!

IMG_20180915_073941

夜は何となく集まり飲み会開始!

IMG_20180915_120626

AlexにキャンプのオーナーBuggsさん。

IMG_20180915_122215

前回サリナクルスへ来た時に「お前ら楽しそうな板持って来ているな!」と仲良くなったBuggsさん。

このキャンプのオーナーにして知る人ぞ知るビンテージボードのコレクターでBuggs Collectionを主宰しています。あのトムカレンとマブダチでTyler Warreも先生と呼ぶ存在。

明日からはBuggsさんも私たちと一緒に行動する事になりました。そしてガイドはサリナクルスNo.1ガイドのTorroに。Alexも「一緒に行きたい、車乗れるか?」と!もちろん!!

Buggs隊長:「よし、明日はWake Up 5:30だ!」

私:「Yes,Sir!」

明日からが楽しみで寝られないと言いたいところでしたが耳栓を手に持ったまま即寝入ってしまいました。

その3へ続く。

MEXICO TRIP その1

メキシコ、サリナクルス。

過去2回とも最高の波に恵まれたエリア。5月から10月くらいまでのSouth Swellのシーズン、200M〜1Kmまで乗れるポイントブレイク、岬波が無数に存在し毎日どこかで極上の波がブレイクしている(ライトオンリーですが)。

先日、昔からの仲間と2年ぶりに訪れてきました。

IMG_1376

板が大好きな仲間たちとのトリップ。板の数がハンパじゃないです。

まずはAERO MEXICOでメキシコシティまで直行便で13.5時間。

そこから国内線でHuatulcoまで1.5時間。

そこからタクシーで3時間でサリナクルス。

その間トランジットなど含めると24時間くらいはかかります。しかも悪名高い過密空港メキシコシティは何が起こるかわかりません。乗り換え便に間に合わないなど当たり前。余裕を持って今回はメキシコシティ、Huatulcoでそれぞれ1泊するという、かなりゆったりな行程にしました。

IMG_1378

映画4本を見て文庫本1冊読み終わる頃にやっと到着。

IMG_1383

IMG_1385

入国審査も自動化が進みすんなり通過。以前来たときにはパニック気味の長蛇の列でしたので気合をいれていたのですが拍子抜け。

IMG_1409

サーフボードは空港内のロッカーに預け、ビール、スナックをしこたま買い込みホテルへ。

IMG_0339

部屋に入るとまずは風呂。栓のないバスタブに秘密のテクニックでお湯を溜めて長旅の疲れを癒やしModeloをプシュッ!

ここはダウンタウンの真っ只中。外出は控え、ホテルのレストランで食事をとることに。

IMG_1407

どの料理も美味しいのですが特に美味しかったのがこのタコス。今まで食べたタコスの中でも最高ランクでした。大き目な餃子くらいのサイズ。いくらでもいけます!

他にする事もないのでタコスを肴にビール、ワイン、最後はテキーラまで、、

ここは標高2,300Mにあるメキシコシティー。倍酔います。

お陰でぐっすり眠り翌朝空港へ。

IMG_1410

再びチェックインを済ませて一路Huatulcoへ。

程なくして南国リゾート空港Huatulco着。

IMG_1448

IMG_1417

外へ出るとタクシードライバーがわんさか集まって来ます。

IMG_1415

IMG_1418

楽しいやりとりで車が決まり他の車のドライバーも集まってあーだこーだ言いながら楽しく積込み。メキシコの人達は皆楽天的。明るく楽しい人生にちがいありません。

IMG_1419

Huatulcoの空港から20分程海側に行ったところにあるリゾートタウンへ。

IMG_1433

とても雰囲気のあるBinniguenda Hotelにチェックイン。

IMG_1446

IMG_1454

メキシコは建築、色が素晴らしい。

IMG_1439

IMG_1455

IMG_1453

たまにはリゾート気分を味わうのも悪くないです。

IMG_1436

メキシコらしい美味しいランチ

IMG_1451

マッタリしていたところ、フロントのアクティビティーデスクのお姉さんが「あんた達Barraに行かないのかい?」と。Geekout TravelのHさんからもちょうどBarra De La Cruz良い波ですよ!と連絡が。昔ASP時代に大会をやった場所で故Andy Ironsが優勝したその時のエグい波を覚えている方も多いのでは?

「ここから1時間くらいよと」の事で。リゾート気分はここまで。タクシーを呼んでBarra De La Cruzへ行く事に。

IMG_1459

かなり適当な積み方で途中2回くらい積み直すことに、、

途中のビューポイントもほぼ素通り。

IMG_1461

Barra De La Cruzに到着。

IMG_1473

ストームが近づいてきているらしく雲行きが怪しい。波チェックするとオーバーヘッドのハードそうなコンディション。だがセットは300Mは乗れそう!

ここでやる事に決め、準備してアウトへ。ここもサリナクルス同様の岬のブレイクで、出来るだけピーク近くまで歩いて行きセットの合間をみて飛込んで左にパドルして一度チャンネルまで出てからさらに沖を目指す。

近くにキャンプ場やバンガローの集落があり若いヒッピースタイルのサーファー達が集まってなかなかの人気スポットのようです。

板は信頼のTravis Reynolds Widow Maker 6’8。掘れた波や大き目な波でも安心の1本。

IMG_1477

波は最高!

癖のあるテイクオフをクリアすればパワーのある長いウォールが待っている。初日から最高でした。

IMG_1481

IMG_1480

沖にはFinlessの達人も!

メチャクチャ格好良いサーファーでした。

IMG_1478

IMG_1479

最後に乗れた1本は遥か彼方まで張った壁を高速で突っ走り、、長旅の疲れも吹き飛ぶような良い波でした。

こエリアは他にもいくつかポイントがあり、ボートでしかアクセス出来ないポイントも多いとの事。うーむ。次回はもう少しここにいようか。

ホテルに戻り食事前にバーで飲みながらこの日の余韻に浸っているとラウンジでショータイムがスタート!

IMG_3522

夕食会場でもショーを見ながら食事→宿泊客もダンスに駆り出され→DJ登場→輪になって全員でダンス

という楽しい夜となりました。

IMG_1474

翌朝またまた美味しい食事からスタート。

IMG_1487

楽しかったホテルをチェックアウトしいよいよサリナクルスへ出発!

IMG_1493

その2へ続く。

四国surf trip③

三日目の朝。

ちょうど四国を営業で回っている前田さんからの「そろそろ良さそうですよ〜」というモーニングコールで目が覚めた。

ヨガで体を目覚めさせ、ヨーグルトに持参したブルーベリーをたっぷり乗せたものを朝食にいただいてから出発した。

昨晩外に干していた水着は既にカラカラに乾いている。

今日も日差しが強そうだ。

 

昨日歩いていくのを諦めたビーチの反対側へ行くと、なんとも素晴らしいロケーション。

IMG_1723

人工物のない自然のままの景色。

そこに小さいながらも素晴らしいライトの波がブレイクしている。

三人でかわるがわる波に乗り、写真を撮りあったりしながら気がつけば四時間以上が経過していた。

IMG_1743

IMG_1747

IMG_1752

スタイリッシュなライディングの前田さんが乗っていたのはThomasのMidlength Friend 7’2″。

私は旦那のPavel Pure Single 8’0″を借りて。

IMG_1759

IMG_1760

IMG_1761

IMG_1299

 

しばしの休憩を挟み板を変えて再び。

88のfinless 7’0″をお借りして初挑戦。

IMG_1834

IMG_1817

IMG_1819

IMG_1821

IMG_1823

IMG_1782

IMG_1784

やばい。

めちゃくちゃ面白い!

久しぶりの新感覚に終始興奮しっぱなし。

 

 

IMG_1854

 

まだまだ遊んでいたかったが、さすがにお腹が空いたので近くの港町へ。

IMG_1286

一本釣りの清水鯖。レバ刺しのような感じでごま油と塩、にんにく、ごまであえてある。

こちらに宗田鰹の卵かけご飯セットを合わせていただいた。

ぷりっぷりの新鮮な鯖は最高に美味しかった。

 

一度宿へ戻り昼寝をしてから夕方もう一度ビーチへ行ってみると、ちょっと潮が合っていないのか朝よりも難しいコンディションだった。

IMG_1856

IMG_1861

とはいえ貸切でこの美しい景色の中にいられる事、それだけでも最高です。

なんだかんだですっかり暗くなるまでやってしまい、そのまま夜の部に突入!

ここでもまた清水鯖など絶品の土佐清水グルメを堪能して。

IMG_1296

美味しい肴(魚)に話も弾み、ちゃんぽんはしないと言っていたのに、ビールに始まり焼酎、ハイボール、日本酒、ビール、、と何故か一周して気付いた頃にはだいぶベロベロになっていたお二人。笑

こうして楽しい最後の夜は更けて行った。

 

翌朝、荷物をまとめお世話になった宿を後にしてビーチへ向かうと、少しサイズアップした様子。

IMG_1978

IMG_1985

IMG_1986

旦那はMandala Edge 6’2″で気持ちよくクルージング。

私は昨日に引き続き88のfinlessを拝借。

IMG_1942

お昼にはここを出発しようと思っていたが、ついつい遊びすぎて予定時刻はとっくにすぎていた。

だって、どんどん波が良くなってくるんだから仕方ない。

FullSizeRender-17

IMG_2025

こんな無人のブレイクを前に立ち去るのはとても苦しいが、またおいで、と言ってくれているようでもあった。

最高の時間をありがとう!

 

IMG_6771

再び荷台に寝床をセッティングして、いよいよ帰路につく。

帰りがてら道の駅へ寄って昼食をとった。

最後も魚で締めようかと思いきや、何故か「鳥天丼下さい」と言っている私。そして旦那も「唐揚げ定食下さい」と。笑

 

 

ゲリラ豪雨に遭ったりもしながら15時間くらいかけて無事に帰宅した時には深夜3時を過ぎていた。

運転中、このままどこまででも行けそうな気分で全く眠くならない時間があった。もしかしたら私もゾーンに入っていたのかもしれない。そんな境地にいたところ、「お前ちょっとゾーン入ってただろ」と、ゾーン先輩から声がかかった。自分だけでなく他人の状態までも冷静に見れるとはさすがである。笑

それにしても遠かった。だけどその遠さも含めて素晴らしい旅先だと確信した。

実はこのエリアは私にとっては波乗りを始めた頃からの憧れの地だったのだ。

美しい景色に綺麗な海、メローな波と鰹のタタキ。

ここは思い描いていた通り、いや、それ以上のパラダイスだった。

 

また絶対行こうね!

そう誓ってこの楽しい夏休みは幕を閉じた。

IMG_6774

好きやき四国!

ほいたらね。

 

asa

 

 

四国surf trip②

NAKIさんからの「そろそろ出来そうだよ」というモーニングコールで目覚めてポイントへ向かうと、レフトは賑わっているがライトは若干風の影響があるもののほぼ無人。

というわけで早速準備をして。IMG_1595

メキシコかと思うほど強い高知の日差し。ビーチタイムにハットが欠かせない。

昨日の日焼けで肩が痛いのでseeaの袖ありタイプの水着で出動。

IMG_1618

旦那と二人だけで風が強まるまでの約二時間、たっぷり楽しませていただきました。

IMG_1635

どんな時でも頼りになる私の一本はAlex Lopez single 5’10″。

IMG_1679

旦那はmandala edge board 6’2″で今日もご満悦。

さて、そろそろ先へ進もうかという事で出発してまずは腹ごしらえ。

近くの小さな港にある食堂にて。

IMG_1231

やっぱり鰹〜

この生にんにくがまた美味しいんだよなぁ

 

ここから目的地まではまだ案外距離がある事が判明したので、旦那から”ビール飲みたい”という訴えはあったもののここはぐっと我慢していただき、再び交代で寝ながら車を走らせた。

IMG_1233

初めてお目にかかる四万十川。

雄大な景色にわくわくする気持ちを感じながら進んで行った。

 

今夜お世話になる民宿に到着して、駐車場から海を見下ろすとこの景色!

IMG_1217

なんて美しい、、

IMG_1222

波はかなり小さいけどなんとかギリギリ出来そうだったので旦那は8ftのPavel、私は6’2″のmandala edgeを持ってビーチへ下りた。

端っこのピークは子供達で賑わっていたので別のピークを探してビーチをてくてく歩いてみたが、

うーん、、うねりは若干あるものの、割れない。。

更に向こうへ行けば乗れそうな白波が見えてはいるのだが何しろビーチが広い。

もう日も暮れてしまいそうなので半分まで行ったところで端っこのピークへと引き返した。

今日はとりあえずこの綺麗な海に浸かれるだけでもいいかと思って、割れないところでぷかぷかしていると一人上がり二人上がり、徐々に人が減っていき、いよいよ私達だけになった。

透明な水に美しい夕焼け。

小さいとはいえ波はパーフェクト。

旦那と二人代わる代わる波に乗り。

なんとも幸せなサンセットタイム。

 

夕飯は港町にある居酒屋さんで。

IMG_1234

やっぱり鰹だよ〜!塩たたき!

二日目で合計3皿の鰹。

なんならこの後、大将のおすすめという事で四時間前に獲れたという鰹のお刺身、そして貴重な新子、清水サバまでいただき。(いずれも超絶品!)

魚を食べに来ていると言っても過言ではないこのトリップ。

まさにほぼ魚しか食べていない。笑

 

これまた美味しい地酒で良い具合に出来上がり、宿へ戻り布団に入ると今日も2秒後には寝ている旦那であった。

続く。

 

asa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四国surf trip①

日曜日の営業を終え、車に荷物を積み込み簡単な食事を済ませ出発すると、

気が付いたら浜松にいた。

コインシャワーですっかり目を覚ました旦那が「まだ運転できそう」というので安心して荷台にしつらえた寝床へ移動し目を閉じると、

気が付いたら淡路島にいた。

タフな旦那によく寝る嫁である。

IMG_6380

そんなこんなで淡路島から淡路海峡大橋を眺める夜明け前。

IMG_6345

見えにくいけど淡路島って書いてある。

早朝のうどんを食べながら「浜松ー淡路間の運転は完全にゾーンに入った」としきりに話していた旦那は、運転を交代すると荷台で少し眠ってから「そうだ、○○のポイントちょっと見に行ってみようか。」と。

出発から最初のポイントまで、約11時間の道のりだった。

さて波を見てみようかと車を降りるとなんとそこにNAKIさんが。

FullSizeRender-28

波が良くてかれこれひと月近くこの界隈に滞在しているそうで、色々と教えていただいた。

まずは長距離運転(私は半分以上寝ていただけだが、、)の疲れを海に流そうと、NAKIさん達のセッションに混ぜていただき、それはそれは楽しいファーストセッションとなった。

地元の方は今日は小さいと言っていたけど、それでもきれいな海、素晴らしい波、ほとんど貸切状態での波乗り。幸せです。

「来て良かったね」と、思わず笑みがこぼれる。

FullSizeRender-30

IMG_6571

旦那はRich Pavel Race Tracker6’10が調子良いとご満悦。

IMG_6362

 

お昼はNAKIさんのお友達YASUさんに案内していただき皆でうるめ鰯の美味しいお店へ。

IMG_6368

とっても美味しい漬け丼をいただいた。

半日目にしてすでに最高。お腹もいっぱい。

 

あまりの最高さ加減に今日中に移動するのはやめて近くに宿をとり、このエリアをもう少し楽しむことにした。

宿に入って横になると薄れゆく意識。

久し振りに極上の寝落ちを体験した。

 

IMG_6588

NAKIさんに撮っていただいた写真。

ありがとうございます!

IMG_6589

私はAlex Lopezの5’10シングルフィン。

夕方もう一度先ほどのポイントを見に行ってみると、相変わらず形良いブレイクが。

IMG_1574

 

夜は町へ繰り出し、高知グルメを満喫しようと気になったお店へ何件かアタックするも満席で、うろうろと散策した先で見つけたお店へ。

IMG_6550

IMG_6549

鰹の塩たたき。

IMG_6545

この季節だけ頂けるというメジカの新子。

う、美味すぎる、、、

波乗りはもちろんだけど、美味しい魚を食べに来たと言っても過言ではない今回のトリップ。

 

初日からこのクオリティ。

どこで何を食べても美味しいよ、という噂はどうやら本当のようだ。

おそるべし高知県。

 

続く

 

asa

 

 

 

 

 

 

 

 

台風13号

先日の火、水。台風13号の波を求め湘南へ。

火曜の10時ころのセット。

38742173_2163346017283755_7581062970491273216_n (640x424)

38844009_279729636147088_7094682620281225216_n (640x428)

38851698_249091615729413_8113418664977367040_n (640x428)

鎌倉方面、あちこちにど三角なブレイクが!

一日を通してクローズすることなく良い波が終始ブレイクしていました。

こちらは少し収まってきた午後のブレイク。

IMG_1514 (640x423) IMG_1521 (640x423) IMG_1522 (640x426) IMG_1523 (640x427) IMG_1524 (640x427)

この日は定休日。一日中楽しみました。板はTravis ReynoldsのWidow Maker6’8。

38761807_511762215955506_5638526129540169728_n (640x412)

38737658_495840240842604_5739670758230065152_n (640x640) 38810869_1876165266024677_7161064792994611200_n (640x640)

絞り込んだウィングスワローテールと極薄のテール厚でテールが沈めやすく、この日のようなパワーがあり掘れる波ではかなりのスピードが付いてしまいますが、その状態からでもボトムターンにスムーズに入れます。しっかりテールを沈めることで深い角度のターンになりリップの方に向かって行けます。ノーズも比較的ボリュームを落としてありますのでトップでの動きも軽いです。胸の下は厚く、2 11/16という厚みで、ロッカーも比較的緩いタイプですのでテイクオフの速さも大きな波での安心感につながります。パワーのある胸からオーバーヘッドくらいの波で最高の性能を発揮してくれます。良い波用に皆様もいかがですか?オーダー可能です。

**********

翌日は台風接近にもかかわらずサイズダウン。

38907300_305957939964701_7459517161246031872_n (640x423)

早朝、風が強くなる前に2時間ほど楽しめました。

コンパクトな胸くらいのサイズでしたが面はオフショアにグルーミングされ硬くしまったバーンの様でした。

38855412_214153179265864_1562924932428464128_n (640x640) 38867350_261326171259930_1893205087107416064_n (640x640)

Tappyさんシェイプの7’4 MOD 4channel Twinpinでやりました。

プラットフォームはもともとシングルフィンでもとても乗りやすく好評をいただいているMODシリーズ。Bonzerもオーダー可能です。

速いフロントサイドの波でしたが、波においていかれることなくどんどん前に出るスピードは凄まじく、波がその気を見せれば一つ上のギアに入ります。さすがのチャンネルの威力。そしてTwinfinのターン性能。7’4とは思えない自由度の高いライン取り。カットバックやトップターンの際に乗り手がターン弧を自由にコントロールできます。6ft台ならより積極的に鋭角なターンも楽しめるでしょう。7ft台なら小波においても長く乗りつないでいくことができます。Tappy Shapeも常時オーダー可能です。ぜひ!

波乗り楽しいですね!楽しすぎて気をつけないと、、

IMG_1516 (427x640)

先日の定休日は

先日の火水と鹿島方面へ。

38248822_1871247106287564_1578523540682964992_n (510x640)

お借りしているVOUCHのテストボードを試してきました。

テストボードは2本。7’6のevoと5’11のvish。

evoはロールボトムのエッグ。ナチュラルについたロッカーと癖のないやや丸みを帯びたアップレール。先日の鎌倉でかなり良い感触でした。テイクオフもとても早く、荒れた面でも乗りやすく、レールが引っかかることも無く波に馴染みきれいに乗り繋げます。

今回はサイズもあったのでvishの方を試してみました。

ポイントに着きしばらく波を眺めていると予報通りにオフショアにチェンジ!

IMG_1244 (640x287)

IMG_1229 (640x259)

波最高になってきました。そして無人。何とラッキーな。

IMG_1294 (640x391)

IMG_1250 (640x426) IMG_1251 (640x424)

テイクオフも早く、スピードも出て動きも軽いです。クラシックなKeel Fishに比べ少し絞ったテールとナチュラルについたロッカー、コンケーブがノーズ付近から入るボトム、マイルドなレールなどのバランスがとても良く、自由度の高いラインで楽しめます。

IMG_1324 (640x428)IMG_1268 (640x427)IMG_1269 (640x422)

レフトも良いことに気が付き、バックサイドもテストライド。

  IMG_1359 (640x424) (640x424)

IMG_1413 (640x431) (2)IMG_1418 (640x417) (640x417) IMG_1419 (640x417) (2) (640x417)

いやー、すばらしい。

フレックスの効いたグラスのキールフィンとやや絞ったテールのシェイプが素晴らしく機能しバックサイドも気持ちよく楽しめます。

全体的にはThomasのFishにとても似た感じです。

IMG_1486 (436x640)

初乗りにしてもう馴染んでしまいました。Paul Hutchinsonさんが削るVOUCHはどの板もとても乗りやすく、乗り手の波乗りを一段上にそっと引き上げてくれる感じです。

日が暮れてなお良い波が、、

IMG_1511 (640x426)

翌日、昨日やったポイントは激込み、、

ちょっとサーチ。良いところありました!河口のような、吸われるように掘れる波。

IMG_1493 (640x427)

メキシコのポイントブレイクにも似た波質。

38264011_1871247052954236_693542174972706816_n (512x640)

炎天下、mandaしっかり塗って長めの1ラウンド。

板は6’10のPavel Race Tracker。掘れる波でも余裕を持ったテイクオフが楽しめ、波が良かったせいもあり、ピンテールにもかかわらずかなり動きも軽いです。深くレール際を掘ったようなコンケーブでエッジが立ち、サイドバイトの役割を果たしている感じ。前気味に立ちドライブを効かせるるも良し、後ろ足を下げて踏み込めばシングルフィン独特のピボットターンも楽しめます。

夕方は昨日のポイントにまた戻り、もう1ラウンド。

38411726_1871246966287578_742832877518979072_n (640x640)

グッドバイブスな方との新たな出会いもあり、楽しい夕波でした。

IMG_1350 (640x427) (2)

夏本番。海も混んでいますが譲り合って楽しい波乗りを!

オーストラリアトリップその6 最終回

いよいよ今日はThomasさんとDayトリップに行く日。朝10時に集合と言われていましたが、9時にはショップに。

cut Lapさんが明日は朝からアブストラクトティントやるから見に来れば?とお誘いいただいたので早めに来て見学。

35123877_1806147569464185_7260149937621434368_n (464x640)

凄い手際の良さであっという間に1本仕上がります。

さてそろそろ出発の準備をしようかと。

波は小さそうだからと私の7’7kabuneモデルは置いていき、代わりに9’4のあのHigh Pro Logを貸してくれることに。

35970761_1806147456130863_6820879842435661824_n (471x640)

目的地はDouble Island。車でビーチをひたすら走り1時間くらいとの事。ガソリンと水とビールとポテチをゲット。

36062949_1806147669464175_1968000662667001856_n (480x640)

渡し船のようなフェリーに乗り川を渡るとそこがDouble Island

36275332_1812471638831778_8799002025032417280_n (480x640)

他に橋も無くこの半島にNoosaから行くにはここを渡るしかない。

渡るとそこは自然保護区域らしくまさにワイルドオーストラリア。しばらく行くと道が砂浜へ向かって行き、そこで道は無くなっていた。

そのまま砂浜におり、ビーチを爆走開始。注意しながら100km程のスピードで突っ走る。潮が満ちると砂浜がなくなりロータイドの間しか走れないそう。左の砂の丘には何やら50とか80とかの看板が突き刺してある。なんと、たまにスピード違反の取り締まりをやっているそう!

36279814_1812471602165115_1563463886399602688_n (480x640)

走っていると大きな波がブレイクしているの見えた。トーマスさんも「思ったより波が大きいぞ」と盛り上げてくれる。南東風で、東に面したここはオンショアだが良い時もありそう。

1時間ほど走るとどうやら岬の先端に着いたようだ。

36088168_1806150302797245_544848225341800448_n (640x640)

ここから先は岩場で車では進めない。降りて波をチェックしようと。

目の前の岩場を歩いて少し奥に行くと、、

IMG_0698 (640x426)

なんと、遥か彼方から延々とライトの波がブレイクしているではないか!この岬地形は延々奥に続いていてピークは遠すぎて確認できない。

しかもセットの波は岩場を超えてビーチ沿いに延々ブレイクしていた。

IMG_0700 (640x411)

そう、私たちが車を停めたところは長い長いブレイクの中間地点だったのだ。少なく見ても1kmは乗れる波、、

Thomasは12ftのグライダーだ。やっとその理由が分かった。この板なら長い距離のパドルも楽で早く、乗ったらどこまでも乗りつないでいけるだろう。

36034238_1806150316130577_8267004629603057664_n (640x640)

乗りつなぐことではHigh Pro Logも素晴らしい。ノーズコンケーブも無く、ローロッカーでロールボトムのシンプルなログ。私が今までに乗った9’4の中では一番速い。

他に入っている人は2、3人。好きな波を選んで何本も何本も、、

35898084_1806150469463895_1129434175300960256_n (479x640)

35159239_1806150459463896_2843881241785139200_n (448x640)

ピークを目指すのだが、途中で来るセットに我慢ができず、ついつい乗ってしまい結局ピークはわからずじまい。

36003193_1806150619463880_453693003387633664_n (490x640)

ライディング動画はInstagramにUpしてあります。ぜひご覧ください。

インスタには1本のライドを2回に分けて1分づつ載せています。そうトータル2分以上乗っていたのです。しかも映像のライディングのテイクオフは岩場ゾーンのインサイドから。もっと奥から行けば3分ほど乗れるでしょう。この日は沖は胸くらいから途中腰位になって最後は膝位に、と言う感じでしたが、しっかりしたうねりが入った時は一体どうなってしまうのでしょうか、、、

ありがトーマス!

36176018_1806150489463893_4970588749994917888_n (640x479)

さて潮が満ちる前に帰らないと。

ところがビーチを走り、最初の川を渡った時にその悲劇が起きたのでした。潮が満ちて思ったより川が深く、砂も柔らかい。川の真ん中で全く動けなくなってしまいました。

IMG_0707 (427x640)

居合わせた人たちも集まってきてトーイングのロープで引っ張ってみるものの、ロープは切れてしまい全く動かない。潮は急激に満ちはじめ、事態はさらに悪化。ドアの中にも海水が侵入し始めた。

1時間程して一番近い町からやっとレスキューの車が到着した。ウィンチを使って、ワイヤーで引っ張ることに。海パン姿のレスキュー車の助手がトーマスの車の下にもぐりワイヤーを取り付けた。あとは祈るのみ。トーマスは運転性に座りスタンバイOK。ウィンチがワイヤーを巻きはじめ、ワイヤーがピンと張る。さらに巻き上げると、なんと車が少し動いた!そのままどんどん巻き上げるとランドクルーザーはなんと浮きはじめた。船の様だ!トーマスもハンドルを持ち、右に左にハンドルを回し始めた。まるで舵を切っているようだ。その後はトーマス船長と呼ばせていただく事にした。

砂浜に上がった車はしかしながらエンジンがかかることはなく、、とりあえず修理は後日。まずは満ちる前に帰ろうとなり、たまたま居合わせたトーマスの先輩の車の後部に座らせていただいた。

36420573_1812471442165131_1334397822916624384_n (491x640)

行きに走った広い砂浜はもう幅10Mも無いくらいになっていた。柔らかい砂にタイヤを取られながら、何度もスタックしては皆で車を押して脱出を繰り返しながらもだいぶ進むことができた。車も空回りを繰り返し、熱を持ってしまい、何度か冷却のため休まざるを得ず、しかも日没も迫り、このまま進めば砂浜も無くなり、下手をすればこの車も水没の可能性まで出てきてしまった。

夜6時。完全に日が沈み、満潮。高台に避難し、ここで潮が引くまで5時間ほど待とうという結論に。

IMG_0711 (426x640)

冬前のオーストラリア。日が沈むとかなり冷え込んでくる。外は寒さがかなりこたえるが、車内は斜めでかなり居心地が悪く、行きに痛めた腰に相当来る。ポテチもビールも底をつき食糧無し。星を眺めたり、男5人で下らない話で盛り上がったり寝たり起きたりしながらなんとか時間をやり過ごし、いよいよ渡し船の乗り場に向かう事に。

そこからは30分ほどで渡し船ポイントに到着。が、もう12時。運航は無く、、朝まで待つことに。

朝までまた6時間車の中は辛いなと思っていると先輩が、「俺のボードケースがあるぞ。だれか外で寝るか?」と。真っ先に手を上げたのは私でした。

35924611_1806150506130558_5083839869290020864_n (640x481)

ボードケースの中は意外と暖かく、トーマスの子供用の板がとても良い枕になりかなり快適に過ごすことができました。

ただ耳元でブーンとうなるおそらく巨大な蚊が発しているだろう音には恐怖を覚えましたがすっぽりタオルを被ることで解決し深い眠りに。

朝先輩に起こされると、良く無事だったなと。「ここは蛇やワニがわんさかいるエリアだぞ!」と。早く言ってよ!

一度ステイ先に戻り、無事を報告し、丸一日ぶりのおいしい食事をお腹いっぱい食べて少し仮眠しトーマスに別れを告げにショップへ。

36035075_1806147619464180_6536639289038471168_n (480x640)

まだここにいたいけど明日には帰りの飛行機に乗らなければ。

日本での再会を約束し再びゴールドコーストの空港近くの宿へ約3時間のドライブ。ゴールドコーストに着きCurrambinをチェックすると良さそう!体はバキバキで疲れてはいましたが、ほぐしに軽く1ラウンド。オーストラリアでの最後のサーフィンを良い波で楽しむことが出来ました。

IMG_0712 (640x427) IMG_0722 (640x423)

35886931_1806150739463868_7580706990716878848_n (640x640)

これで11日間のオーストラリアトリップも終わり。

オーストラリアは美しいビーチが自然のまま残された素晴らしい国です。サーフポイントも豊富で、好みに合った場所が必ず見つけられるでしょう。サーフィンが文化としてしっかりと根付くサーフィン天国。ぜひ皆さんも行かれてみてはいかがでしょうか?

この旅でお世話になった皆様、ありがとうございました!!

36188021_1806150846130524_6403348191642648576_n (480x640)

back number

オーストラリアトリップその1

オーストラリアトリップその2

オーストラリアトリップその3

オーストラリアトリップその4

オーストラリアトリップその5