Australia Trip 11

第11話

昨夜ロングドライブを経てMackieさんが住むBegaに到着。

車を庭に留めさえてもらいシャワー、トイレを使わせてもらいつつ就寝はクルマのベットという、思う存分いびきをかいて爆睡できる今回の旅で定番となってきた快適なスタイルで過ごし、すっかり回復した朝。

ダウンジャケットが必要なくらい朝は冷え込みむこのエリア。ピリッと引き締まる冬の空気の中少し周囲を散歩。

DSCF0043

ここが敷地の丘の上に立つマッキーさんのシェイプルーム。

IMG_2607

美しい朝靄の中、コーヒーをいただきながら潮の時間を調べ良いタイミングで海へ。

南に向いているこのエリアは先日の大きなうねりは入らなかっようで。このエリアにはこの日から南うねりが入り始めるよと。行く先々でKojiが来たらうねりが入り始めたと言われるようになって来ました。これも30年の行いが良かったのか?いやそんなことは無いはず。いずれにせよ今回の旅はかなり波運が良い。

30分ほどローリングヒルをドライブすると

海に到着!

IMG_9404

 

地形が常に良いと噂に聞いていた素晴らしい河口のレフトがブレイクしていた。

コロナ禍で4年会えなかったJoshにやっと会えました。普段から毎日のようにメールや電話では会話していますが、感激の再会!

DSCF0054

波が上がるとの情報でローカルの皆さんも集合。Joshは皆を紹介してくれました。

はやる気持ちの私をよそに皆板談義。

IMG_9399

DSCF0058

サイドカットをマッキーさんに教えてもらいシェイプしたJosh。

15DA5AF4-645E-454A-8A03-A58D25F82911

皆それぞれのフィーリングで板を選び川を渡りパドルアウト。

私はJoshから7’7の長さのセブンセブンというモデルを借りました。Tom CurrenのBlack Beautyを大きくした感じ。Twin+ Oneで乗ると調子良いです。このモデル実はここのローカル達に一番人気だそうです。

2023-04-21 14.36のイメージ

滑り出しも早く、バックサイドでも乗りやすく最高です!

実は私も日本ではこっそりよく乗っています。ビーチでもリーフでも最高。

Josh本人も愛用しています。

DSCF0044

延々と続くレフトを楽しんでポイントから20分ほど内陸に入ったJoshの家へ。

IMG_9875

ここがまたとんでもなく大きな敷地。ゴルフ場か、、

IMG_9854

ミーティングもしました。

IMG_9849

互いに温めてきたアイデアを披露しあうと形になっていきます。

IMG_9465

ここからテストボードを作り改良していきます。好評のAstronaveeのショートバージョンをデザイン中です。

体と頭を使えば腹も空きます。

ランチはJoshおすすめの牡蠣。この辺りは牡蠣の養殖がとても盛んだそう。

IMG_9876

うまし!

ランチを終えて近くに住むお父さんの家に誘われ訪れてみると、お父さん自ら建てたサウナが。

DSCF0072 DSCF0078

温まると近くに流れるキンキンに冷えた小川にダイブ。

とても良い暮らしを楽しんでいます。

たっぷりもてなしていただいたこの日も暮れ、美しい星空が。オーストラリアは全てが美しい。

IMG_9632

続く。

Australia Trip 10

次の目的地はMackieさん、Josh達の住むSouth Coast。

休みなく運転したとしても10時間以上かかる距離。

IMG_9281 2

出発の朝は快晴。ここまで乾くことの無かったウェットスーツを少しでも干したい、、

IMG_2535

しかしまたしても乾ききる前にもう出発しないといけない時間。

また帰り道に寄るとエリス達に告げて出発。長いドライブが再び始まった。

DSCF0078

エリスたちと過ごした素晴らしい一週間を思い出しながら3〜4時間ほど走るといよいよシドニーに。流石に都会の雰囲気だ。しかしここは地下のバイパスを使いスルー。先を急いだ。

2023-07-01 9.26のイメージ

明るいうちに中間地点のWoollongongまで到着したい。

DSCF0004

シドニーを脱出し、もうすぐ目的の場所というところでビュースポットを発見。

ちょうど日が暮れたところで美しい景色を見る事が出来た。

DSCF0005

Wollongongのローカルから事前に情報をもらっていた車中泊出来るビーチのパーキングに到着したのはすっかり暗くなってから。シャワーも浴びずにビール1本飲んで撃沈。

夜明け前、あまりの波の音に眠れなくなり起きてみると前日の倍くらいはあろうかという大きな波が打ち寄せていた。

DSCF0024

朝のコーヒーを淹れながらぼーっと巨大な波を眺める。

そういえば朝は大分寒くなってきた。南下して来たせいか、秋が深まっているのか。

IMG_9746

コーヒーで目も覚めたのでこの辺りのメインスポットを見に行くことに。

そこにはこの旅一番の大きな波がブレイクしていた。

DSCF0049

6ftから8ft位のセットがそれほど間隔を置かずに入るコンディション。

たまに入るセットは10ftはあろうか?

DSCF0031

アウトに出るには右の岩場の切れ目からからスープの中を左に突っ切ってチャンネルまで出るしかない。見ていると左手前への流れが半端でなく、チャンネルの安全地帯に到着する前にセットを食らってしまい遙か1kmほど左のビーチ方面から上がって歩いて戻ってくる人も。パドルアウトは諦めました。

2023-04-11 16.00のイメージ

2023-07-01 9.36のイメージ

やや落ち着いて来た時のインサイドのクリーンな波はとても良い波でしたがここもセットが来てしまったら食らってしまうゾーン。

タフなオージーたち。強者揃いでした。

サーフィンは諦めいろいろ教えてくれたショップFinboxにお礼に。

IMG_9357

JoshやEllis、Mackieさんの板もストックしているナイスなお店でした。

IMG_9758

お礼にAcetoneをひと束。

さてここからまた5〜6時間。麻子が運転してくれると言うのでお任せして助手席でナビ係。

IMG_9326

途中スポットチェックしながら

DSCF0008  DSCF0020

麻子はゾーンに入りそのまま運転し続け、気がつけばもうすぐのところまで。

教えられたマッキーさんの住所は海沿いから内陸に30分ほど入ったBegaというところ。うねる丘に牧草地。美しいところです。

2023-07-01 19.21のイメージ

なんとか日暮前ギリギリに到着。

DSCF0046

海まで40分、スノーサーフィンができる山まで2時間という八王子の私たちが住む家と同じような環境。そして丘の上に立つ家、シェイプ小屋はシンプルでマッキーさんらしい住まいです。

IMG_9393

マッキー家でウェルカムディナーをご馳走になりました。

ほぼ芋しか食べない、正直私たちから見れば偏食なマッキーさんですが、数種類の芋を使い自分で別メニューを作っていました。誰にも合わせる事なく自分の趣味趣向を貫く姿勢はシェイプにも通じます。影響を受けたとしても変わらず自分がこれが一番というところを追求する姿勢は正直かっこいいなと思いますし見習いこそすれなかなか実現するには勇気がいる事だと感じます。ワイルドな自然の中での暮らしが基本にあるオーストラリアで尚且つ自分を貫き、誰のシェイプとも違う板を長年削り続け生き抜いている彼のような存在がアンドリューのような本質を常に探し求めている本物からの支持を集め、今 若手のシェイパーたちからもレジェンドとして尊敬を集めている理由なのかもしれません。ちなみに彼はこの家を建てるまで自分のシェイプルームを持った事がなく常に誰かの工場を間借りしここまでやってきての今があるとアンドリューから聞きました。私と同い年の今年58歳。先日の来日、我が家でのステイ〜そして今回。何かとても心熱くなる訪問でした。

奥さんんのポーリーさんが作ってくれたミートパイ、マッキーさんの芋料理で感激した私たち。ビールもいただき長旅も相まって朦朧としている私に見せたいものがたくさんあるよう。もちろんそれを期待してここまで来たのですから。

敷地内のシェイプルームに行こうと。そこはまるでショールームのように美しいシェイプルームでした。

最初に見せてくれたのはWinterstick。

DSCF0005

彼のサイドカットデザインはここから始まりました。

DSCF0016

ボトムを見れば当時の製作技術やデザインセンスの高さがよくわかります。

センターにはコンケーブが入りエッジぎわにビベルが入るトライプレーン形状。まるでエリスのLite Kiteのようなボトム。今これをスノーボード工場で作ってくれと言っても作る事ができないばかりか話も聞いてくれないでしょう。

DSCF0008

今私たちがRideオリジナルボードでまさに取り組んでいる新しい自由なデザインのスノーボード作りはスノーボードが最初にデザインされた当時すでにあったというかそこから始まっていたのでした。

サーフボードから影響を受け始まった初期のスノーボードデザイン。逆にそこから影響を受けたサーフボードをデザインしたマッキーさん。Ryan Burch, Ryan Lovelaceなどサイドカットをシェイプに取り入れたシェイパーは皆一様にマッキーさんの功績に言及します。

そして貴重なTracks Magazine。

先日バッタリお会いしたMorning Of The EarthのAlby Falzon氏がエディターとして1970に創刊した雑誌です。

DSCF0023 DSCF0024DSCF0025

よく見ればすでにサイドカットデザインや

DSCF0026

持続可能な自給自足のやり方などなど

DSCF0027

当時のカウンターカルチャー的情報が盛りだくさん。50年以上の時を経て再びその価値を感じる内容でした。経済に魂を抜かれてしまったその後の私達が再びお手本とするべき内容が詰まった貴重な内容の雑誌でした。

そんな世界を理想と考えるマッキーさんのシェイプにはなんの遠慮も経済的な欲求も感じさせない世界があります。

DSCF0040

シェイプルームには皆趣味が現れます。

DSCF0035

下の板はアンドリューのGlass Loveでガース・ディッキンソンが乗っていたあのサイドカットフィッシュ。当時の赤いレールはなぜかグリーンに塗り替えられていましたが。

DSCF0033

RIDEではマッキーさんとこの板の復刻版の製作を考えています。

まだまだ皆様にお伝えしたいことはたくさんありますがあとは店で。

明日は波も上がるようでJoshとも合流してサーフしようと。

翌日に続く。

Australia Trip 9

明日には南へ向けて出発しないと。

最終的にはベルズまで行く予定でしたが、行く先々で良い波に遭遇し既に2週間近く経ってしまいました。今回はベルズは諦めることに。

朝起きてとりあえず近くのビーチブレイクをチェック。

 DSCF0018

今日はゆっくり過ごそうと思っていましたが、無人のこのブレイクを見てしまい、これは入るしかないということになり早速1ラウンド。

IMG_9161 3

ランチにポイントブレイク近くの商店に買い出しに行ってみると。

ポイントブレイクも潮が引き始めてブレイクし始めたのを見てしまい、、

IMG_9210

一旦家に帰って昼寝したものの、今日で最後だから夕日をみるだけでも良いから一番好きな岬に行こうという事になり再び海へ戻って来たのでした。

IMG_2325

まだ良い感じで波もブレイクしていたので日が沈み空いてくるタイミングをのんびり待っていると、隣の青年がAre you Koji ?と話しかけててくれた。びっくりしてYes。と答えるとMorning Of The EarthのムービーをリマスターしたJustinだと!しかも隣にはオリジナルムービーの製作者Alby Falzonがいたのだった!

IMG_9224 2

JustinとはMorning Of The Earthのリマスターバージョンが完成した時に、八王子と宮崎で上映会を開催するにあたって色々と連絡を取リあっていたのだがまだ面識はなく、インスタグラムで私の顔を知ってくれていたようで。嬉しい出会いでした。

そしてAlbyさんに会うのももちろん初めて。私にとってはバイブルのような映画の製作者と話ができるとは思っても見ませんでした。彼らも日が沈む頃に入ろうと考えていたようで一緒にやろうという事になりました。

Albyさんは海パンにタッパで78歳とは思えない若々しさでMorning Of The Earth SurfboardsのMassive7’4を脇に抱えてパドルアウト。

一番沖まで漕いで行くとじっと瞑想するかのようにセットを待ちその中でも特に大きな波だけにテイクオフし、大きなラインを描きながらインサイドにいる私たちの横を走り抜けて行ったのでした。最後の最後、岸まで乗り継ぐとゆっくりとしかし休む事なくまた一番沖まで戻り、3本乗ると上がって行きました。

IMG_9229 2

着替え終わるともう真っ暗。

そんな中で私を見つけてくれると映画にまつわるたくさんのストーリーを披露してくれました。

IMG_9235 2

 別れ際にAlbyさんは「波に乗り続けなさい。感謝の気持ちと優しさを持って。そうすれば世界が変わっていくから」と教えてくれました。

・・・・・・・・・

家に戻るとエリスがブランクスをカットしようと。

そう、エリスのシェイプはフルハンドシェイプ。まずはEPSのブロックから一枚一枚切り出すところからシェイプが始まるのです。

ステイ中その工程を見せてくれる事になっていたのですが波が良くて出来ずに最後の最後になってしまったのです。

DSCF0004 2 DSCF0015 2

使う道具、やり方はGeorge Greenoughさんに教わり、エリス自身のアレンジを加えたもの。

IMG_9241 2IMG_9251DSCF0019 2

グリノーさん譲りのエリスの特別なロッカーは一般的にはブランクスとして存在せずこうしてカットする方が効率的でゴミも少なく、またできる限り自分の手でハンドメイドで作るグリノーさんのやり方を忠実に守る事がエリスにとってはとても大切な事でもあるのです。

DSCF0070 2

この日は皆様から頂いたオーダーの中から数本のブランクスをカットしました。

こうした先人たちの知恵、そして50年以上にわたる膨大なテストライド、トライアンドエラーが積み重ねられた上でエリスが製作している現場を目の当たりにして、彼のシェイプする板に乗れる喜びをあらためて感じる事ができました。

長い一日、そして充実したエリスハウスでの1週間の滞在でした。素晴らしい経験をありがとう!

IMG_9716

そして旅は後半へ。

続く。

Australia Trip 8

毎日初めて訪れるスポットで新しい体験をし、伝統的なオーストラリアのサーファー達のライフスタイルを受け継ぎ実践している皆と生活を共にできる機会に恵まれ、ライド30周年の旅は今後の私たちの行き先をナビゲーションしてくれるような素晴らしい旅となって来ました。

IMG_9198 2

今日も朝のルーティーンをこなし

新たなスポットへ。

IMG_9088 3

滅多にできないというポイントをチェックしてみると。

 岬沿いに素晴らしい波がブレイクしていました。

Ellisは5’10のLite Kite

2023-06-26 10.15のイメージ

私は7’2のLite Kite

2023-06-26 10.26のイメージ2023-06-26 10.27のイメージ

波と板がマッチし最高に気持ち良い。

じっくり腰を据えて一日楽しみました。

IMG_9095 3

ランチはエリスが作る絶品アボカドロール。

IMG_9526 3

午後、さらに波は良くなり

2023-06-20 0.11のイメージ 2 2023-06-20 0.20のイメージ 22023-06-21 16.46のイメージ

この日は何本もバレルをメイクしていたエリス。

またまた日が暮れるまで、、

2023-06-26 10.34のイメージ

夜はこうなります、、

IMG_9708 2

翌日

やっとサイズダウンして来ましたがビーチブレイクに行くと!まだまだ

3859D84F-113D-425B-AC37-F326840C74E4 3

この日はエリスのお父さんも合流しファミリーセッション。

元々シェイパーでもあるお父さん。69才になる今でもショートボードに乗ります。エリスの5’3のLite Kiteでリッピング!

2023-06-26 10.39のイメージ

エリスも自ら削った7’2のLite Kiteの仕上がりに大満足。

2023-06-20 0.38のイメージ

皆で板をシェアし楽しみました。

Ellis 5’102023-06-26 10.47のイメージ

Asako 5’102023-06-26 10.43のイメージ

2023-06-26 10.41のイメージ

永遠にこのエリアにいたいと感じていましたがそろそろ南へ行かないと。

明日はこのエリアの最終日。

続く。

オーストラリアトリップ7

翌日、うねりがかなり大きくなって昨日のポイントには大きすぎるかもとの事で1時間半くらい北へ走ったところにあるポイントへ向かいました。

IMG_9164 2

ビールと食材を仕入れ満タンで出発。エリスはアルコールを控えているのでノンアルビール。

IMG_2269 2

おー!!

ここはインサイドセクションでアウトサイドはさらに右奥にあり岬の影で見えません。ピークはかなり大きそうですが斜面の緩い波だから長い板の方が良いよとエリス。

いよいよ7’2のLite Kiteを下ろす日が来ました。

DSCF9783 DSCF9787DSCF9592 DSCF9613

テイクオフも素晴らしく早く、コントロールもイージーで最高のミッドレングスです。レールは前半シャープでハルのような雰囲気ですが一歩ステップバックすればいきなりショートレングスの様な反応の良さでタイトにターン可能です。

IMG_9481

エリスは午前は8’0のTPG

DSCF9923 DSCF9929

IMG_8967

今日も私はビール1本でシエスタ。至福のとき。これをやりに来てるんです!

エリスは午後、短めの7’10のTPGで一番沖から岸まで600Mくらいをメイクしていました。

DSCF0045 DSCF0049 DSCF0053 DSCF0066 DSCF0077

麻子は午後の平和なインサイドをLite Kite 7’2でクルーズ。

IMG_2270 2

DSCF0099

皆満足して帰途へ。

オーストラリアはどの街にも必ずと言って良いほどパブがあります。食事も出来てお酒も飲め、なんなら宿泊もできるという。レストランが閉まってしまった夜とか、スーパーマーケットも閉店で何かと困ったら使える施設。メニューはだいたいチキンとかフィッシュアンドチップス、ステーキにフライドポテトという感じですがこの日寄ったパブはメニューも豊富でイカフライやラクサなんかもあってかなりイケてるパブでした。

IMG_9614 2

流石に体やばいです、、

IMG_9707 2

明日はいかに、、

オーストラリアトリップ6

旅も10日ほど過ぎ、移動と車中泊を繰り返し毎日波乗り。58歳の体にはまあまあこたえて来ていたところでエリスの家ではゲストルームに案内してもらい、久々にゆっくり休むことができた。

朝はコーヒーをハンドドリップしながら音楽を聴き、皆様からのメールを確認したり、麻子はヨガと日常のペースを取り戻しながら旅の疲れを癒す。

IMG_8921 2

しかしながら今日からうねりが入ってくるという予報。嬉しいような、、

IMG_2320

Morning of the earthに出てくるような田園風景の中を20分ほどドライブすると一番近いポイントブレイクに到着。

IMG_2068

サイズは上がって来ましたが、まだファンウェイブ。良い感じです。

IMG_2316

インサイドは長めの板のパラダイス。

IMG_2317

果てしなく続く波はまるでメキシコ。

この日はここで一日ゆっくり。

846621AA-52E2-4FE9-BCE9-842E741EAA31

ビール1本で成仏。 5BA754D7-D6AE-405D-99AF-8CFA61D527E8

下の板はエリスが昔2本目でシェイプしたTotal Involvementスタイルの板。これがめちゃくちゃ調子良かったのです。

IMG_2318

2ラウンド目はこれで。

今日も日が暮れるまで、、毎日最高です!

IMG_2319

夜は近くにレストランも無い田舎なので自炊でヘルシーな食事。

IMG_9395

麻子が調理したグリノーさんにもらったかぼちゃの塩茹では絶品でした。

IMG_9391 2

グリノーパワーで明日も頑張ります!

続く。

オーストラリアトリップ5

George Greenoughに会うと言う夢のような出来事が起こった翌日。Byronエリアから南へ3時間半、エリスの家のあるMid North Coastへ。

IMG_8736

高速道路は少しでも制限速度を超えるとすぐ捕まるよ。とアドバイスをもらっていたのでおとなしく走りました。が、制限速度が100キロならギリギリ100キロ。110キロなら110キロところころ変わる制限速度に合わせて皆ピッタリ走るので流れに乗って走るにはかなりの集中力を使います。

エリスの家に近づくとカントリーな感じに。

IMG_2267

この辺りはあの映画Morning Of The Earthの主な舞台となっているのだけにとてもワクワクします。

IMG_2268

門をくぐり少し走ると家が見えて来ました。

DSCF0007

元農家の家をリノベーションしたそう。

IMG_8766

敷地にはブランクスをカットする作業場兼ストレージも。

IMG_8789

家庭菜園も力を入れてやってます。

IMG_9217

バスタブを利用したコンポスト。

IMG_9400

菜園はカンガルーに餌を与えている様なものだとエリスは言ってましたが、、

DSCF0002

パーマカルチャーも勉強中。

IMG_9396

家の中も古い家具が質素ながらとても良い感じ。

IMG_9373

毎朝コーヒーを飲みながら見るのが日課という古典のコレクション。

IMG_8784

元々バイロンベイのそばで生まれ、成長して来たエリス。地価の高騰にお祭り騒ぎのような街。人口増加でサーフポイントもいつも混雑。そんな街から離れ心の声に従ってここへ移り住んだそう。自分でサーフボードを作り、波に乗り、自分で作物を育て家を改築し、生活を豊かにしていく。この動きはエリスの友達にも伝わり始めているようで仲間の多くもこの辺りやベルズなどに徐々に移住を始めている様です。

Morning Of The Earthを作ったアルビーさんは映画を作った時から50年ほどこのエリアに住み毎日サーフィンしながら当時と同じ暮らしをしているそうです。

そんなアルビーさん、実はエリスの隣の土地に暮らしているそう。とは言え車で15分かかるって、、

IMG_8748

板が見たくてそわそわしている私の気持ちを察してボードストレージを見せてくれました。

IMG_9418

グリノーがラスタにシェイプしたエッジが。

こちらはエリスが大波に乗るためにシェイプしたエッジガン。

IMG_8814

もう一本シェイプする予定でカットしたブランクの厚み!

IMG_9411

Lite Kiteのテストボードの数々。

IMG_8803

一つのモデルにこれだけ乗り込んでから私達に紹介してくれているのです。

エリスのデザインに影響を与えている古典の数々も見受けられました。

IMG_8792

一通り板をチェックさせていただいた後は運転の疲れを癒しに近くのポイントブレイクへ。

IMG_8772

麻子曰く「これをやりに来たんだよ!」と言う腰腹のメローなポイントブレイクで結局日が暮れるまで、、

大人も子供も皆笑顔。これぞサーフィンという楽しいセッションでした。

IMG_8780

ここから1週間のエリスエリクソンサーフキャンプが始まりました。

続く。

オーストラリアトリップ 4

翌朝Brunswickのカフェでエリスと待ち合わせ。

ニューボード出来たよ!

 

IMG_8707

59D5F365-D345-4AA9-B6C4-6684B931AD1E

日本を発つ前にオーダーしていた7’2のLite Kiteが出来上がりました。5’10がすこぶる調子が良く、かなりの手応えを感じていましたが、ひょっとしてミッドレンジも調子が良いのではと思いつきエリスに相談して出来上がったテストボードです。

旅の友が一本増えました。

実はエリス、数日前から何やら電話である人物と話をしていました。

あのジョージ・グリノーにコンタクトをとっていたのです。

カフェでコーヒーを飲んでいるとエリスはおもむろに「ジョージに会いたい?」と。私は「もちろん!」と。「コージの事はもう話してあるから。今日これから行こう!」

エリスの車をフォローしていると何度も通ったことがある道から何の標識もないとある角を曲がり山道に入っていった。

DSCF9375

最後にゲートを開け中に入っていくとアンドリューのムービーなどで見覚えのあるピラミッド型の屋根が見えてきた。

IMG_1887

私たちの訪問に気がついたジョージさんが家の中からゆっくり出てきた。

感動で泣きそうな私にジョージは「良く来てくれたね」と言うと積んである板に目が行き、すぐに板の話になった。

DSCF9335

DSCF9332

新しいエリスの7’2をみて素晴らしいねと褒めてくれました。

そして家に中からジョージさんが最近作ったと言うフレックステールのエッジボードを見せてくれました。年に1本のペースで82歳になる今でもサーフボードを改良しながら製作しています。

DSCF9342

DSCF9358

板の話になると止まらないジョージさん。さまざまな知識をシェアしてくれました。

DSCF9369

話はさらに彼がデザインし米軍に採用されたレスキューボートの話やスクリューのキャビテーションを防ぐ装置を開発した話など、、

エンドレスです。

DSCF9348

70年代初めにアメリカからオーストラリアに自作の船で航海し移住した話やその途中補給に寄ったタヒチでTeahupooを発見し彼が初めてサーフした話も。

移住し、この場所に住み始めた時にまず雨水を貯める池をスコップで手掘りで作ったそう。

DSCF9353

そこから螺旋状にさまざまな作物を育て水を供給しています。

DSCF9355

1978年から提唱され始めた自然の中に見られるパターンや関係を見習い暮らしをデザインするパーマカルチャーを70年代前半にすでに実践していたジョージさん。

鳥や魚など生き物をよく観察しフィンやサーフボードをデザインして来たジョージさん。彼がデザインするフィンや板はまるで生き物かのように海の中で機能します。

彼の暮らしは彼による数々のデザインと同じように自然界のシステムを応用し、バランスを崩さず人間も一つの生き物として自然と同化するかのように暮らす様な生き方でした。ジョージさんの頭の中がほんの少しだけ見えた様な気がしました。

これから山を降りて釣りに行ってくると言い、最後に私たちにここで育ったカボチャを分けてくれました。

DSCF9366

エリスからの素晴らしいギフトでした。ありがとうエリス!そしてジョージさん。

旅が始まって1週間。24日間の旅はまだまだ続きます。

IMG_9333

オーストラリアトリップ 3

旅の4日目。エリスと合流する事になりました。

Processed with VSCO with g6 preset

場所はLenox Head近くのビーチブレイク。11月の来日時以来の嬉しい再会です。

E2BDF9A4-86E3-40B1-8505-33D8F7BFD59B

この日が旅の中で最も波が小さい日でしたがそれでもビーチブレイクは胸くらい。

エリスは5’5のLite Kite。新しい形状のテールを試していました。

DSCF8221DSCF8346

かなり調子がよさそうです。

エリスの友人のJack Lynchも大きな体でリップしまくっていました。板はエリスシェイプのLite Kite5’11。

DSCF8463DSCF8415DSCF8417DSCF8236

ロングボードで有名な彼ですが短い板もこんなです、、海から上がり着替えるとそこのニールさんが犬の散歩と波チェックに現れました。

Processed with VSCO with g6 preset

思わぬ再会にお互いびっくり。

海から上がり少し内陸の街Bangalowにある日本食レストランMangosteenへ。

IMG_9155 IMG_9156 IMG_9157

やはり日本食はおいしいですね。とても人気で行列ができていました。

BAD9A366-47F4-4B82-A849-2549E2E6324D

Bangalow落ち着いた良い街です。

389E459A-46EF-4F5B-85AD-7CD1C1FF4CBA

日本のウェットスーツは人気です。JackもRIDEのオリジナルウェットスーツをオーダーしてくれました。メジャーをゲットして採寸会。

午後は時間が空いたのでByronにあるMctavishのファクトリーで働くMasamiくんに連絡し工場見学させていただきました。

IMG_8495IMG_8501IMG_8511IMG_8516

Mctavishさんはあいにく不在でしたが貴重な本人のコレクションを拝見させていただきました。

IMG_8520

オーストラリアのサーフィンの歴史が垣間見れる素晴らしいコレクションでした。

Byronはオーガニックでヘルシーな食材の店も多く、

IMG_9054

ワインショップでナチュールはありますか?と尋ねたら全部だよと驚きの答え。

IMG_9051

旅の共にとしこたま入手。

BC53E082-E907-4511-9EB0-11EDB8A2FEB8

車中泊させてもらっているKeita君の家の庭からは毎晩美しい夜空が。

翌日に起こる素晴らしい出来事はその時には知る由もなく。

おやすみなさい。

オーストラリアトリップ 2

アンドリューの家に数日ステイさせていただき、一緒に波乗りし、食事を共にしてサーフィン、サーフボードや暮らしのことを考えるその時間は素晴らしい体験でした。

一緒に波乗りしたスポットはアンドリューが大切にしているポイント。写真は撮りませんでした。

旅のアドバイスももらって次は少し南下しバイロン周辺へ。

IMG_8527

The Passはいつもお祭りの様ですがこの日は何故か空いていたので早速サンセットサーフィン。

DSCF9146 DSCF9147 DSCF9148 DSCF9153 DSCF9160 DSCF9164 DSCF9167 DSCF9169 DSCF9179

DSCF9245 DSCF9262 DSCF9263 DSCF9272 DSCF9277

永遠に続くかのような波はコロコロ掘れて来てとても早いスピードでブレイクして行きます。こんなコンディションで活躍するのはハルやLovelaceの板のようにスピードが出る板。

ハルに比べてコントロールもしやすくマニューバーも刻め、スピードも出るRyan LovelaceのFM6’10はどの様な波に出くわすかわからない旅にはとても重宝する一本です。

 DSCF9296  DSCF9310

バイロンエリアにいた数日は内陸に20キロほど入ったところにあるMullumbimbyというヒッピーの街からさらに奥に入ったところに住むKeita君の家の庭にキャンパーを停めさせてもらいステイ。

Keita君は @Zack_Blangという名前でアーティスト、フィルマートして活動しています。製作中のサーフフィルムを見せてもらいましたが出演メンバーがすごい。Ozzie Wrightにアンドリュー、エリス、Beauらが今まであまり出てこなかった様なロケーションでの素晴らしく良い波でのパフォーマンスがたっぷり見れます。ぜひ公開を楽しみにしていてください。

IMG_8705

ここで数日間ステイしていた後半。エリスから連絡があり彼が住んでいるMid North Coastエリアからこっちに来る事に。

いよいよ次回はエリスと合流です。

その3へ続く。