Start to Finish / Travis Reynolds

Stone Fruitのシェイプ~グラッシング、ライディングまで。

ぜひご覧ください。

 

昨日の定休日は

昨日は一日を通して良い波でした。

IMG_8176 (674x445)

特に朝はサイズもあり無風から軽いオフショア、、掘れる形の良い波がブレイクしていました。

板は波の良い時の最近のお気に入り、Travis Reynoldsのwidow maker6’8。

IMG_8107 (674x444) IMG_8109 (674x442) IMG_8164 (674x445) (2) IMG_8170 (674x445)

6’8には見えませんね。

この後Ryan Burch squit5’9に乗り換えて、合計5時間。

IMG_8244 (674x448) IMG_8247 (674x449)

ビール飲んで、昼寝して、夕方は堤防沿いの小さ目な波で暗くなるまでメローライド。

22446759_1539701512775460_1020490845_n (360x480)

最高な定休日でした。

  IMG_8286 (674x449)

先日のテストライド

やや大き目な良い波を想定してカスタムオーダーしたTravis Reynoldsのwidow maker6’8。そしてその翌日から一緒に過ごすことになるRyan Burchのsquit5’9をテストするにはうってつけのコンディションとなった先日の某所。

22331105_1537069249705353_679564251_n (674x505)

まずはRyan Burch

IMG_6853 (674x448)

テールが良く沈んでいるのが分かります。胸の下のボリュームに比べテールは薄く、アウトラインもサイドカットで絞り込んであるため沈みやすく、激しいターンが出来ます。

IMG_6828 (674x445)IMG_6829 (674x445)

板はショルダーでくるりと回ってくれますのでテールにかけてストレートラインのTwin Keelに比べ、ターンを絞り込めます。

IMG_6970 (674x438)

ボトムターンではTwin Keel Fishのドライブ感は痺れるほどにビンビンに感じます。

IMG_7050 (674x449)

からのアクション、、気持ちよい板です。

IMG_7152 (674x445)

そして板チェンジ。

IMG_7168 (674x441)

Travis Reynoldsのwidow maker6’8

まずパドルした感じは落ち着いた大人の挙動です。ノーズは細く、ダックダイブしやすいです。テイクオフはとても早く、行けるかなと言う波も行かせてくれます。巻きもしっかり巻いてやや重みがありますので心地よい安定感があります。

IMG_7181 (674x448)

ボトムでテールを沈めて、リリースすると、、すごい勢いでスープを駆け上がり、フローターが伸びます!

IMG_7185 (674x449)

Terry FitzgeraldのDriftaのようなセンターフィンあたりからテールエンドへ急激に絞り込んだデザインと2+1のフィンセットアップが効いてボトムターンでテールを沈めやすく、パワーのある波でのコントロールも容易です。

IMG_7262 (674x438) IMG_7265 (674x461)

とても自由な思った通りのラインが描け、パワーゾーンでのレールの切り替えも自然です。

IMG_7212 (674x448)IMG_7213 (674x449)IMG_7215 (674x446)IMG_7216 (674x449)IMG_7220 (674x445) IMG_7221 (674x445)

ブーンと言う遠心力で気持ちよいカーブを楽しめます。またノーズは細身ですので6’8と言う長さながらショートボードのようなリッピングも楽しめます。

TravisのFinが間に合わなかったのでTrue AmesのTom Parrish6.5を装着しましたが、これもまたピタリとマッチしておりました。

22323500_1537070023038609_690487101_n (480x480)

6’8と言う長さを感じない操作性と自由度の高いマニューバー性能。しっかりした波で使う頻度が増えそうな1本でした。

Travis曰く、これ1本あれば他はいらないとか、、

Ryan Burch, Travis Reynoldsともにカスタムオーダーも承っております。

SURF BOARDS続々入荷!

このところサーフボードが続々と出来上がってきています。

まずご紹介したいのがTravis Reynolds x Ride、限定4本のArt Resin Panel入りのシリーズです。

22359292_1536931336385811_314925558_n (674x674)

アースカラーのRainbowをTravis本人にレジンパネルで入れていただきました。クリア、ボランクロスのカラーに絶妙にマッチした仕上がりです。

ベースとなる板は左からstone fruit8’10, tunnnel vision6’8, MR fish5’10, sweetish fish5’8。この4本があれば、ほとんどの波で楽しめるクイバーとして考えてオーダーしてみました。どの板もTravisらしく胸の下あたりのボリュームがありますのでテイクオフの滑り出しも早く、普段の波でも楽しめます。左のstone fruitはミニグライダーで、波の小さ目の日から、いざという日にも使える1本。Tunnnel Visionはその名の通りチューブ狙いですが、普段からシングルフィンでの波乗りを楽しみたい方も十分使える1本です。どちらの板もコンケーブなどのモダン要素もちりばめられていますのでテイクオフのメイク率やターンのしやすさなど、ただクラシックな板とは違う乗りやすさも持っています。

Fishの2本も素晴らしいシェイプです。MRもよりモダンなチューンが施され、Twin Keelの方もtailの絞りやシングルの中に潜むダブルコンケーブなどかなりマニューバビリティーを考えたシェイプとなっています。

22323386_1536931343052477_1756185534_n (674x674)

22385016_1536931353052476_438959311_n (674x674)

Keelも内側Flatで外側のみのフォイル。グラスの部分が多いのも特徴です。

22385015_1536931339719144_1634235991_n (674x674)

シングルフィンもそれぞれ別テンプレート。Travis fin、かなり調子よいですよ!

22361003_1536931313052480_547735946_n (674x674)

Neal のDuoもストックが入荷!

グリーンが美しい6’1

22331077_1536931316385813_381151936_n (674x674)

左は5’11、右は6’6 SOLD

22323225_1536931403052471_1551733506_n (674x674)

こちらは私オーダーの6’1。テールをラウンドに、、乗りましたらレポートいたします。

22386280_1536931319719146_1429157928_n (674x674)

Neal Purchase Jnr.は近日中にオーダーフェアを開催予定です!

  Tappy shapesはmod edge7’6のストックが入荷!

22361240_1536931349719143_1587165617_n (674x674) 22386183_1536931359719142_1638918993_n (674x674)

好評をいただいているMOD Lengthのエッジバージョンです。比較的浅めの段差で乗りやすいエッジボードです。もともと高い性能のプラットフォームにさらなるスピードと操作性をもたらします。速くて、良く曲がる、、いいですね。

カスタムオーダーの7’8のmod edgeも同時に上がりました。

22361106_1536931356385809_1856441684_n (674x674)

こちらはノーマルバージョンの7’2mod length SOLD。レジンパネルが新鮮です!

22384856_1536931373052474_555954104_n (674x674)

SOLDとなりましたが、ThomasのJapanシェイプTwin Keel5’8、Tappy Workersのグラスワークです。

22330760_1536931383052473_1653153885_n (674x674)

mandalaもエッジボードのストックが入荷!

Super Stubbieの6’0Sold、6’3、6’6soldです。

22361403_1536931389719139_1386767631_n (674x674)

super stubbieとはいえ幅を21程度に抑え、扱いやすい板になっています。

カスタムのCalifornia Stubbie 5’9、glass onの2+1でバフ仕上げです。

22359444_1536931309719147_1628212730_n (674x674)

私オーダーのDoobie Disk7’4。楽しみです!

     22331057_1536945239717754_1151187864_n (480x480)

そしてGreenough veloテンプレートのA.P.E velo edge6’0がついに入荷!

22330950_1536931366385808_1986399301_n (674x674)

只今ラックはストックボードでパンパンです。ぜひご覧になりにいらしてください!

8/31の波

 

発達した大型台風15号。まさか一気にここまで上がると思いませんでした。

朝はそれ程でもなかったので5’9のFishと6’6のTravis Fresh Jiuce。ビーチはつながり気味でセットは巨大。リーフをチェックに行くと巨大なセットが強烈なオフショアにあおられてブレイク、、

IMG_6382 (674x449) IMG_6383 (674x449) IMG_6384 (674x449) IMG_6405 (674x449) IMG_6418 (674x446)

人の少ないライトには時折ものすごいセットが、、

IMG_6356 (674x449) (3)

6’6を信じてパドルアウト。タフなコンディションで、テイクオフはかなり厳しかったのですがミディアムサイズの良い波を数本とらえることができ、深追いせず2時間で上がることに。上がると、知り合いのビッグウェーバーの方が短めなガンで大きなセットをとらえるのが見えました。さすがです。

強いオフショア、厚いうねり、板が下りて行かず、苦労しましたが、それでもFresh Juiceは頑張ってくれました。面さえ綺麗ならかなり大きな波まで行けそうですが、やはりこうなってくるとポイントノーズで重みのある細身のセミガンが良いです。

21209062_1503731043039174_1936672218_n (674x575)

また一つ貴重な経験をさせていただいた昨日のチャレンジでした。

Travisストック他入荷情報

Travis Reynoldsのストックボードが2本入荷いたしました。

Stone Fruit7’6

21245262_1503730056372606_725384841_n (674x674)

Stone Fruit7’10

21244852_1503730059705939_1951300487_n (674x674)

Mini Gliderです。ローロッカーでテイクオフも早く、Andreini直伝、Vaqueros風のコンベックスノーズでスティープな斜面でのテイクオフも考慮されています。Vボトムの中にダブルコンケーブが掘られスピードも抜群。テール付近のエッジはコンケーブと相まってしっかり立てられています。シングルフィンながらこのエッジがサイドバイトのような役割も果たし、しっかりとレールを立てたカービングも可能になっていますしテイクオフも安定します。私も6’6のfresh juiceを愛用していますが、とてもテイクオフが早く、安定したテイクオフが可能で、7代前半の一般的なミッドレングスよりテも早いくらいです。この長さになれば、、とんでもない速さになるでしょう。極小の小波から昨日のようなオフショアの強い日の台風の大きな波まで楽しめる傑作です。

シェイプはもちろん、グラッシングまでこなすTravis。この板も素晴らしいレジンワークによる仕上がり。レジンカラーのセンスの良さも彼ならでは。

どちらもオンラインショップにアップいたしました。http://www.ridesurf.net/product-list/396

下の板は私オーダーのWidow Maker6’8。波の良い日に、またトリップ用にと考えてオーダーいたしました。が、普段の波にも使えそうな1本です。昨日の波で使いたかったですが、、あそこまで上がるとは。Travis Reynoldsもお気に入りでこの1本があればOkと言う程らしいです。

21268931_1503736916371920_1536300726_n (480x480)

合わせて前回大好評だったCapとTeeシャツも再入荷いたしました。

21291761_1503730079705937_1967868753_n (506x674)

21244462_1503730073039271_1711127433_n (506x674)

こちらもオンラインショップにアップいたしました。入荷数が少ないのでお早めに!http://www.ridesurf.net/product-list/396

昨日の定休日は

いい感じに続いております台風ノルからのうねり。

昨日は鹿島へ。

20403327_1468008029944809_1133189703_n (674x533)

一日を通してムネカタの良い波がブレイクし続けておりました。

20370818_1468008066611472_1987170055_n (674x449)

各所地形も決まっているようで、ここも200Mはライド可能!

1ラウンド目は久しぶりにRich Pavelのspeed dialer6’1。かつて行ったエルサルバドルトリップでもエースとして活躍してくれた頼りになる1本。大きい波でもクアッドならではの確実なテイクオフが可能で、スピード、ドライブも最高。カービングの感じはスノーボードのそれにも通じます。ショートボード出身の方にはリッピングも楽しい、、やはり最高な1本でした。

20427590_1468008039944808_1412754439_n (674x504)

台風2日目でだいぶ疲れてきたので、、ラウンド2はテイクオフが異常に速いTravis ReynoldsのFresh Juice6’6。良いポシションに入れば数かきで走り出し、余裕を持ったテイクオフが可能です。あとは板に任せて大きなラインで長く乗り継ぐ、、

自家栽培のキュウリ持参。ラウンド間のもろキュウ最高です。

ハマりそう、、

20428481_1468009953277950_82035049_n (506x674)

力ある限りやりつくしてもまだまだブレイクし続ける波に降参でした。

今日は持っていないと!という3本が再入荷しました。どれも板の勉強になります。もちろんライディングも素晴らしい。

  20428507_1468008043278141_277026726_n (538x674)

実はかなりすごいロングのユーズドが4本も入荷しているのですが、、明日にはご紹介できるかと思います!

Fish fry Japan

先日土曜、盛り上がっていました!

18817018_1410342422378037_2001733001_n (480x640)

朝は波もよく1ラウンド。折から来日中のaxxe classic3姉妹に混ざりセッションさせていただきました。

18870755_1410342505711362_264686704_n (640x640)

この日はmandala arctail edge boardで。湘南のもも腰、腹でも最高。早いテイクオフ、滑走スピード、ターンと、、相当楽しめます。

18928160_1410342529044693_23617393_n (640x480)

会場は今までで一番の盛り上がり。

18902783_1410342435711369_2024739317_n (480x640)

Rich PavelのHull FishはボトムにTri Plane Panelがさりげなく仕込まれたFish。Finの形状と合わせてかなりExperimentalなデザインですが興味津々です。

18816770_1410342392378040_748600429_n (640x480)

craftのブース。シェイプを見ればやhり惹かれるものがあります。フォイルからも伝わるスピードと乗りやすさ。多くの方が足をとめていました。

18928126_1410342449044701_865966290_n (640x480)

Travis Reynolds, A.P.E, Andreiniなどなど

18982934_1410342375711375_1824831033_n (640x480)

Travis ReynoldsのBonzerはかなり良さそうです。今までに見たことがない感じのシェイプですが、良さが伝わります。今わたくしがハマっているFresh juiceのノーズをポイントにしてボンザーボトムにした感じ。6.3位で1本オーダーしようかと思います。ご一緒にいかがですか?

18944610_1410342295711383_1452138683_n (640x479)

Widow Makerは私が今オーダーしているモデル。いつもの波でも楽しく乗れますが、絞ったテールでよい波の時に本領発揮する2+1。

18945059_1410342289044717_1812701527_n (517x640)

Terry FitzのDrifta的な感じも漂うシェイプはTravisのスピードロッカーを装備し、シングルフィンのドライブとピヴォット的な動きに掘れる波やジューシーな波での安心感をプラスした1本。Travis本人のライディングもご覧いただけます。

 

 

RIDEで取り扱い開始予定の88。ぜひcheck!

18871488_1410341945711418_1832512617_n (640x640)

Alkali Fin x RIDE。

18902495_1410341955711417_1238833005_n (640x640)

出来上がりました!

たくさんの方と板のお話をさせていただきと、ても楽しい時間を過ごすことができました。

次回はテント出すかもしれませんのでその時はぜひ!

California Trip 1

California出張から戻りました。

今回はじつに実り多きTripとなりました。まずはその第一話。

18492695_1390573947688218_390817840_n (674x500)

成田からLA。そしてレンタカーでEncinitasへ。

18492670_1390571057688507_348272183_n (674x674)

旅の疲れを癒そうと夕方のSwami’sで1ラウンドを狙いましたが強風のオンショアで断念、、

18518559_1390573601021586_1300652724_n (506x674)

宿にチェックインし、シャワーを浴びて夕食に。知人が経営する美味しい日本食屋さんで楽しく飲んで、時差と疲れでいい感じにへべれけになりぼちぼちお暇しようかと。すると近所に住むmandalaのマニーさんが一人でラーメン食べに来店。そこからまたセッションがスタートし、、初日からいい感じに仕上がってしまいました。

18516245_1390619887683624_262613663_n (480x640)

翌朝軽くハングオーバー状態で向かったのは今回の大きな目的の一つがBoard Room show。カリフォルニアサーフィン産業の一大祭典。サーフボード製作に携わる皆の作品お披露目、情報交換の場でもあります。

18554763_1390573534354926_1815485706_n (506x674)

Visslaのブース。inovator creatorを標榜するVisslaならでは。その中にTravis ReynoldsやDonald Brink, Jeff MacCallumらが作品を展示。

18554569_1390573494354930_1350252934_n (501x674)

18516207_1390571157688497_929794535_n (538x674)

これはツインフィンのウィングフィッシュ。新しいシェイプでかなり楽しそうです。日本のFishFryにも展示されるそうです。

下の板はRIDEでもストックをオーダー中のMini Glider

18516352_1390573501021596_1828787195_n (506x674)

Tunnnel Visionはセミガンスタイルですが、ローロッカーでボリュームもありますので普段の波でも楽しめます。なんせ格好いい!

18516361_1390571127688500_945312039_n (538x674)

18516274_1390573497688263_797095922_n (674x505)

気さくなナイスガイでした。いいシェイパーは大体人が好い。わたくしも、あなたの板がどれだけ気に入っているか、語ってきました。カスタムオーダーもぜひご相談ください。

18492184_1390571137688499_311539634_n (667x674)

Donald Brinkのブースには実験的な試みのフィンが多数、、Tyler Warrenの板もBrink Finを使用しているそうです。

18492943_1390571004355179_1674531492_n (538x674)

Andreiniさんはご覧の通りのGentleman。新しくデザインしたクアッドのエッジボードについてゆっくり話をしていただきました。

18492088_1390570994355180_673165057_n (538x674)

ライドでも扱っているA.P.Eのエッジボードにもこのクアッドフィンが付きます。

18492114_1390571171021829_1023445434_n (674x674)

18492171_1390570917688521_1709405912_n (538x674)

A.P.EのFish Edgeboard。ツインに加えクアッドもオーダー可能になりました。

A.P.EのブースにはAndersonがシェイプをすることになったThe Stoker V-machineも展示。わたくしも以前から乗りたかったこのレーベル。RIDEでも取り扱うことになりそうです。

18516389_1390570914355188_1800640284_n (538x674)

18492859_1390571101021836_1901217711_n (538x674)

Anderson Putnam Engineeringの Kirk Putnamさん。P.H.Dフィンもこの方プロデュース。どれだけあなたのフィンが好きか語ってきました。

そのP.H.DフィンはじめGreenough finなど手掛ける老舗True AmesのChuckさん。いろいろ情報交換をさせていただきました。

18492292_1390571021021844_1373070449_n (674x674)

18515914_1390573594354920_1501462123_n (506x674)

18518890_1390571031021843_684445518_n (674x674)

Ryan Lovelace18515979_1390571091021837_112914823_n (674x504)

Christenson18492965_1390573537688259_1194193820_n (506x674)

当のChris本人はAl Merrick Shape Offというシェイプバトルで本気のハンドシェイプ中。多くの観衆の前で匠の技を披露していました。

18492167_1390650617680551_2005694965_n (476x636)

ビンテージサーフボードのオークションも開催していましたが、開催主はなんとサリナクルスで出会ったあのコレクターBuggsさん

18492139_1390573571021589_528409315_n (506x674)

18492619_1390573551021591_1930540079_n (506x674)

Bird’s surf Shedのブースではアンバサダーとしてこの二人が!

18492339_1390571097688503_1314469163_n (538x674)

とても充実した一日となりました。

夕方早めの食事をとりに行くと、axxe classic teamと遭遇。shaper/surferのDaniel Thompsonに東海岸Main州のmain surfers unionのオーナーというメンツでこれまた濃い内容のmeetingに。

18492745_1390571087688504_500410244_n (674x504)

波のほうは、、相変わらずのドオンショア。仕事に集中できます、、

その2へ。

今週の波

久しぶりにサイズの上がった今週は3連チャン。

月曜は小さいながら形の良い波17918740_1354534931292120_122168152_n (674x674)

火曜は午後から波が急激に上がり始め17909152_1354534844625462_1939663635_n (674x674)

水曜は頭くらいまでアップ!17965545_1354534837958796_752665410_n (674x504)

17910985_1354534821292131_1957428988_n (674x674)

3日間この2本を乗り込んでみました。

Rich Pavel 7’0 mono 17918749_1354534861292127_446945491_n (674x564)

monoはhullですが、テールエンドにはエッジもあり、Tri-Plane Hullのセンターには浅くコンケーブも入る、ハルはこうでないと、というところから一歩踏み出して本来のハルの目的を一段高いレベルで達成している稀なデザインです。

とにもかくにもスピードはものすごく、、そしてまるで板が波と一体化するような感じでボトムからトップへとパワーゾーンに吸われていきながら回っていく感じは素晴らしく気持ちが良い、、FinはTrue AmesのPHD(Putnam Hilbers Design)9.0。これが完璧にマッチ。そしてこの板、バックサイドも調子よいんです。

17965109_1354534904625456_1053085672_n (674x674)

monoは先日の来日シェイプ分のストックボードが私の板と同じく7’0で入荷予定です!

もう1本は最近完全にハマっている6’6のTravis Reynolds Fresh juice

17965601_1354534911292122_1160788639_n (674x621)

幅広目のスクエアーなテールが波の力を最大限受け止め、滑り出しがとても速く、後ろ足の踏み場がしっかりしているのでテイクオフでも安定して立ち上がれ余裕がうまれます。そしてシングルフィンとは思えないイージーなターン性能でありながらやはりシングルフィンらしい乗り心地。最高です。初回入荷分は完売しましたが、カスタムオーダーは常時受け付けています。ぜひ!

今日もまだ某ポイントでは良い波が続いているようですね!