Fish fry Japan

先日土曜、盛り上がっていました!

18817018_1410342422378037_2001733001_n (480x640)

朝は波もよく1ラウンド。折から来日中のaxxe classic3姉妹に混ざりセッションさせていただきました。

18870755_1410342505711362_264686704_n (640x640)

この日はmandala arctail edge boardで。湘南のもも腰、腹でも最高。早いテイクオフ、滑走スピード、ターンと、、相当楽しめます。

18928160_1410342529044693_23617393_n (640x480)

会場は今までで一番の盛り上がり。

18902783_1410342435711369_2024739317_n (480x640)

Rich PavelのHull FishはボトムにTri Plane Panelがさりげなく仕込まれたFish。Finの形状と合わせてかなりExperimentalなデザインですが興味津々です。

18816770_1410342392378040_748600429_n (640x480)

craftのブース。シェイプを見ればやhり惹かれるものがあります。フォイルからも伝わるスピードと乗りやすさ。多くの方が足をとめていました。

18928126_1410342449044701_865966290_n (640x480)

Travis Reynolds, A.P.E, Andreiniなどなど

18982934_1410342375711375_1824831033_n (640x480)

Travis ReynoldsのBonzerはかなり良さそうです。今までに見たことがない感じのシェイプですが、良さが伝わります。今わたくしがハマっているFresh juiceのノーズをポイントにしてボンザーボトムにした感じ。6.3位で1本オーダーしようかと思います。ご一緒にいかがですか?

18944610_1410342295711383_1452138683_n (640x479)

Widow Makerは私が今オーダーしているモデル。いつもの波でも楽しく乗れますが、絞ったテールでよい波の時に本領発揮する2+1。

18945059_1410342289044717_1812701527_n (517x640)

Terry FitzのDrifta的な感じも漂うシェイプはTravisのスピードロッカーを装備し、シングルフィンのドライブとピヴォット的な動きに掘れる波やジューシーな波での安心感をプラスした1本。Travis本人のライディングもご覧いただけます。

 

 

RIDEで取り扱い開始予定の88。ぜひcheck!

18871488_1410341945711418_1832512617_n (640x640)

Alkali Fin x RIDE。

18902495_1410341955711417_1238833005_n (640x640)

出来上がりました!

たくさんの方と板のお話をさせていただきと、ても楽しい時間を過ごすことができました。

次回はテント出すかもしれませんのでその時はぜひ!

California Trip 1

California出張から戻りました。

今回はじつに実り多きTripとなりました。まずはその第一話。

18492695_1390573947688218_390817840_n (674x500)

成田からLA。そしてレンタカーでEncinitasへ。

18492670_1390571057688507_348272183_n (674x674)

旅の疲れを癒そうと夕方のSwami’sで1ラウンドを狙いましたが強風のオンショアで断念、、

18518559_1390573601021586_1300652724_n (506x674)

宿にチェックインし、シャワーを浴びて夕食に。知人が経営する美味しい日本食屋さんで楽しく飲んで、時差と疲れでいい感じにへべれけになりぼちぼちお暇しようかと。すると近所に住むmandalaのマニーさんが一人でラーメン食べに来店。そこからまたセッションがスタートし、、初日からいい感じに仕上がってしまいました。

18516245_1390619887683624_262613663_n (480x640)

翌朝軽くハングオーバー状態で向かったのは今回の大きな目的の一つがBoard Room show。カリフォルニアサーフィン産業の一大祭典。サーフボード製作に携わる皆の作品お披露目、情報交換の場でもあります。

18554763_1390573534354926_1815485706_n (506x674)

Visslaのブース。inovator creatorを標榜するVisslaならでは。その中にTravis ReynoldsやDonald Brink, Jeff MacCallumらが作品を展示。

18554569_1390573494354930_1350252934_n (501x674)

18516207_1390571157688497_929794535_n (538x674)

これはツインフィンのウィングフィッシュ。新しいシェイプでかなり楽しそうです。日本のFishFryにも展示されるそうです。

下の板はRIDEでもストックをオーダー中のMini Glider

18516352_1390573501021596_1828787195_n (506x674)

Tunnnel Visionはセミガンスタイルですが、ローロッカーでボリュームもありますので普段の波でも楽しめます。なんせ格好いい!

18516361_1390571127688500_945312039_n (538x674)

18516274_1390573497688263_797095922_n (674x505)

気さくなナイスガイでした。いいシェイパーは大体人が好い。わたくしも、あなたの板がどれだけ気に入っているか、語ってきました。カスタムオーダーもぜひご相談ください。

18492184_1390571137688499_311539634_n (667x674)

Donald Brinkのブースには実験的な試みのフィンが多数、、Tyler Warrenの板もBrink Finを使用しているそうです。

18492943_1390571004355179_1674531492_n (538x674)

Andreiniさんはご覧の通りのGentleman。新しくデザインしたクアッドのエッジボードについてゆっくり話をしていただきました。

18492088_1390570994355180_673165057_n (538x674)

ライドでも扱っているA.P.Eのエッジボードにもこのクアッドフィンが付きます。

18492114_1390571171021829_1023445434_n (674x674)

18492171_1390570917688521_1709405912_n (538x674)

A.P.EのFish Edgeboard。ツインに加えクアッドもオーダー可能になりました。

A.P.EのブースにはAndersonがシェイプをすることになったThe Stoker V-machineも展示。わたくしも以前から乗りたかったこのレーベル。RIDEでも取り扱うことになりそうです。

18516389_1390570914355188_1800640284_n (538x674)

18492859_1390571101021836_1901217711_n (538x674)

Anderson Putnam Engineeringの Kirk Putnamさん。P.H.Dフィンもこの方プロデュース。どれだけあなたのフィンが好きか語ってきました。

そのP.H.DフィンはじめGreenough finなど手掛ける老舗True AmesのChuckさん。いろいろ情報交換をさせていただきました。

18492292_1390571021021844_1373070449_n (674x674)

18515914_1390573594354920_1501462123_n (506x674)

18518890_1390571031021843_684445518_n (674x674)

Ryan Lovelace18515979_1390571091021837_112914823_n (674x504)

Christenson18492965_1390573537688259_1194193820_n (506x674)

当のChris本人はAl Merrick Shape Offというシェイプバトルで本気のハンドシェイプ中。多くの観衆の前で匠の技を披露していました。

18492167_1390650617680551_2005694965_n (476x636)

ビンテージサーフボードのオークションも開催していましたが、開催主はなんとサリナクルスで出会ったあのコレクターBuggsさん

18492139_1390573571021589_528409315_n (506x674)

18492619_1390573551021591_1930540079_n (506x674)

Bird’s surf Shedのブースではアンバサダーとしてこの二人が!

18492339_1390571097688503_1314469163_n (538x674)

とても充実した一日となりました。

夕方早めの食事をとりに行くと、axxe classic teamと遭遇。shaper/surferのDaniel Thompsonに東海岸Main州のmain surfers unionのオーナーというメンツでこれまた濃い内容のmeetingに。

18492745_1390571087688504_500410244_n (674x504)

波のほうは、、相変わらずのドオンショア。仕事に集中できます、、

その2へ。

今週の波

久しぶりにサイズの上がった今週は3連チャン。

月曜は小さいながら形の良い波17918740_1354534931292120_122168152_n (674x674)

火曜は午後から波が急激に上がり始め17909152_1354534844625462_1939663635_n (674x674)

水曜は頭くらいまでアップ!17965545_1354534837958796_752665410_n (674x504)

17910985_1354534821292131_1957428988_n (674x674)

3日間この2本を乗り込んでみました。

Rich Pavel 7’0 mono 17918749_1354534861292127_446945491_n (674x564)

monoはhullですが、テールエンドにはエッジもあり、Tri-Plane Hullのセンターには浅くコンケーブも入る、ハルはこうでないと、というところから一歩踏み出して本来のハルの目的を一段高いレベルで達成している稀なデザインです。

とにもかくにもスピードはものすごく、、そしてまるで板が波と一体化するような感じでボトムからトップへとパワーゾーンに吸われていきながら回っていく感じは素晴らしく気持ちが良い、、FinはTrue AmesのPHD(Putnam Hilbers Design)9.0。これが完璧にマッチ。そしてこの板、バックサイドも調子よいんです。

17965109_1354534904625456_1053085672_n (674x674)

monoは先日の来日シェイプ分のストックボードが私の板と同じく7’0で入荷予定です!

もう1本は最近完全にハマっている6’6のTravis Reynolds Fresh juice

17965601_1354534911292122_1160788639_n (674x621)

幅広目のスクエアーなテールが波の力を最大限受け止め、滑り出しがとても速く、後ろ足の踏み場がしっかりしているのでテイクオフでも安定して立ち上がれ余裕がうまれます。そしてシングルフィンとは思えないイージーなターン性能でありながらやはりシングルフィンらしい乗り心地。最高です。初回入荷分は完売しましたが、カスタムオーダーは常時受け付けています。ぜひ!

今日もまだ某ポイントでは良い波が続いているようですね!

Travis Reynolds Impression

先日初めて乗ったTravis ReynoldsのFresh Juiceの6.6

今日良い波でテスト出来ました。

17474686_1317517451660535_1832707649_n (640x636) 17439846_1317328271679453_300374396_n (640x549)

6.6という長さのシングルフィンという事をあまり意識させない乗りやすい板。テイクオフはメローなロッカーが効いてとても速く、ハルエントリーからダブルコンケーブ入りのVeeへとつながるボトムは速く、エッジの切り替えもスムーズ。

テール付近のエッジはかなり立っていてそれがサイドフィンの役割をもは果たしている様で、ボトムターンやカットバックはしっかり踏み込めターンに安心して入れます。

17409485_1317336018345345_270313020_n (640x640)

レールに乗ったターンでスピードを付けたあと、後ろ足をステップバックし、スナップを効かせたカットバックを試みると、シングルフィンらしいフィン中心に回転するピボット的な板の返りがとても気持ちよい、、テールのアウトラインは真っすぐなのに良く曲がります。スクエアーでやや幅広めなテールは足場もしっかりとしていて踏み込みやすいです。

17439743_1317328225012791_1272080722_n (640x640)

そしてバックサイドも同様です。

17474636_1317334035012210_146997418_n (640x427)

素晴らしい板です!

17474538_1317550188323928_42110628_n (640x427)

前半分はハルの様だし、後半はモダンなショートレングスの様ですがうまくまとまっていてリラックスしたクルーズからホットドッキングまでスタイル出しつつこなせる1本でした。シングルフィンらしさを感じつつも扱いやすいので、初めてシングルフィンにトライする方にもうってつけな1本です。

17467806_1317331201679160_2058843348_n (506x674)

さらに突っ込んだ話はぜひ店頭にて。

Travis Reynolds常時カスタムオーダーを受け付けております。

Travis Reynolds取り扱い開始!

RIDEではこの度Travis Reynoldsの取り扱いを開始いたしました。

17124756_1296955830383364_538610791_n (506x674)

もう皆さんご存知かと思いますが、Santa Cruz出身の若手シェイパーで、若くして既にかなりの本数を削っている熟練クラフトマンです。

師匠はミッシェルジュノーやマークアンドレイニ。トーマスキャンベルやアレックスコップスなどのアーティストとの親交も深く、素晴らしい環境の中、一流サーフボードデザイナーとして歩み始めています。

どのモデルもカリフォルニアらしい控えめなロッカーが特徴的で日本の普段の波でも楽しめるモデルが豊富に揃っています。

今回代表的な2モデル、3本がまずストックボードとして入荷いたしました。

17101835_1296954330383514_1122116652_n (674x674)

17093848_1296953163716964_47581398_n (674x674)

17105694_1296953157050298_774748353_n (450x674)

オリジナルテンプレートのフィンが付きます。

詳しいディメンションやプライスなどはオンラインショップにアップ致しましたのでそちらをぜひご覧ください。

カスタムオーダーも可能ですのでぜひご相談ください。