オーストラリアトリップその1

先日オーストラリアへ行ってきました。実に内容の濃い旅となりまして、、その模様を数回に分けてレポートいたします。

33207407_1765425926869683_7449957818175586304_n (480x640)

成田第3ターミナルの洗礼をもろに受けました。駐車場に車を停めてから最終的に荷物を預けるまで10回に及ぶサーフボードの積み下ろし。何とかならないもんでしょうか?世界最悪の、サーファーにはきついターミナルです。そして板を立ててハカリに乗せてくれとか、、いきなり腰を痛めてしまいました。荷物のチャージも凄いんで、カンタスの方が良いかも。

33063444_1765425916869684_4457169643626299392_n (469x640)

約9時間、別料金のビールも映画も我慢して腰痛に耐えながらひたすら読書&寝。

何とか9時間耐え、ゴールドコーストに到着!空港からポイントまで5分と言うのも凄いです。

とりあえず海に浸かり体をほぐしたいということで、まずは最も波のコンスタントなDuranbahへ。

33079905_1765425963536346_24630988902498304_n (480x640)

波は有りますが風を食らっていたので岬を回りSnapper Rocksへ。

オフショア、胸~肩位の素晴らしく掘れ上がった波がブレイクしていました。

IMG_0593 (640x427)

IMG_0566 (640x423)

ゲッティングアウトはピークの岩の間の水路から。砂を巻き上げながらチューブになる波を必死でドルフィンスルーするといきなりどピークの真っただ中。世界一混雑しているという、ぎゅうぎゅうのテイクオフゾーンにいきなり仲間入りと言う状態です。横にJoel Perkinsonがいたりして何とも居場所がない感じ。波はどチューブ。バックウオッシュ気味に掘れ上がる波に斜めに板をセットして万が一立てたら唯一の通り道、チューブの中を走りプルアウトと言う波。2回突っ込んでみましたが見事に玉砕し、残念ながらショルダーに退散。そこも掘れてはいますがピークよりは少しだけメローで良い感じ。混雑も全く無くなり、落ち着いて波を選べます。上の写真がそのあたり。最高の波です!1本乗ると大分左の方に流されるのとカレントでパドルバックはなかなかタフです。何本か乗って最後は戻るのは諦め、隣のGreen Mountの波に乗って上がりました。Travis ReynoldsのきれいなレジンティントのWidowmaker6’8はここではかなりういていましたが、その性能をばっちり発揮。今回の旅の前半のエースとなりました。

こちらがGreen Mount。ガラガラです。

IMG_0565 (640x424)  IMG_0570 (640x427)

到着早々コーヒーだけで3時間もやってしもうてお腹ペコペコ。オーストラリアはカフェだらけ。どこも素敵な店で食事もおいしいです。

33159124_1765425976869678_5472032761692815360_n (465x640)

入った店はビーガン系のカフェでしたが唯一がっちり系のメニューを見つけてすかさずオーダー。野菜も肉もとてもおいしいです。

午後はバーレーなど有名なポイントをチェックして回っていると完璧に地形が決まっているポイントを発見。程よい掘れ具合に程よいサイズ。距離も十分。Currumbinと言うポイントだそうです。

IMG_0605 (640x425)

最高の波を日が暮れるまで楽しんでレストランで食事してSurfers Paradiseの少し北のBroadbeachにあるホテルにチェックイン。

33063633_1765426010203008_3285110924389646336_n (480x640)

せっかくのナイスホテルをゆっくり楽しむことなく初日は即気絶でした、、

その2へ。

demo board test ride day, New StockとおすすめUsed

先日の火曜日は千葉南某所でデモボードの試乗会を開催。

31764698_1747424248669851_4817684735981518848_n (480x640)

15本!

31598667_1747424288669847_579328708125392896_n (640x640)

連休とは言え平日でしたので参加いただいた人数は少なかったですが、、波は最高!胸から頭で終始無風。何発も当て込める試乗には十分すぎる波で人もまばら。皆さんとっかえひっかえ楽しんでいただけました。

31841753_1747424205336522_541171312429629440_n (480x640)

  31768755_1747424175336525_1916655501169393664_n (514x640) 31870422_1747424232003186_8057137581034307584_n (514x640)

私は先日出来上がったばかりのNeal Purchase Jnr.のStage 2 DUO 6’2を早速テストライド。テール幅がかなり広く波の力を大きく受けて走り出しがとても速いです。絞り気味のノーズでアウトラインはミニPigと言った感じ。おかげで動きはとても軽快で、少しミニシモンズのような感覚もあります。カットバックはピヴォット気味にシングルフィンのような動きでくるりと回りはじめます、がフィン2枚による安定感もありしっかり板を寝かせて踏み込んで方向転換できますので大量のスプレーが上がり何とも不思議な気持ちよさです。新しい感覚の乗り物に出会ってしまいました、、

31932396_1747424275336515_8130070313313501184_n (640x640)

さてここでNeal Purchase Jnr.情報ですが、

Duo Stage 2は初回入荷分はSOLDとなりましたが近日中に5’10と6’2が入荷予定。また7’6と7’10のDuo Egg(Piggy Outline)はNealと交流のあるRyan LoveraceのV-BowlのようなアウトラインにDual Singleというニューシェイプや8’8のDuo Glider、NealのTwinの代表的モデルLamb Chopも5’10が、そして定番Stage 1 Duoも5’8、5’10、6’0、6’2、6’6が届きます。こちらも日本用にロッカーを抑えてノーズにボリュームを持たせたスペシャルシェイプでオーダーしてあります。

ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

さて試乗会、女子スタッフチームも今季最高ライドだったそうな。

31821878_1747424195336523_3731007488393216000_n (514x640)

次は恒例、春の白浜サーフキャンプで試乗可能です。

6/2.3(土、日)です。宿泊はいつもお世話になっているvilla shirahamaさん。BBQにYogaに盛りだくさんのイベントです。参加ご希望の方、RIDE柴田まで。

Tudor Surrfboardsから3本のストックが届きました。

Good Karmaは6’3

31590627_1747416765337266_1404141116776775680_n (640x640)

ローロッカーで滑り出しも早く、後方広めなバランスで頭の動きも軽い、ショートレングスシングルフィン特有のピヴォットターンも楽しめ、VからコンケーブVeeへとつながるボトムもそのオリジナルな乗り味に貢献しています。後ろ目にスタンスし、ホットドッギングなシングルフィンサーフィンをお楽しみください!

Tudorのラインナップに昔から必ず存在してきたBonzer。

31932750_1747416745337268_4911379125421211648_n (640x640)

6’4と絶妙なグッドサイズで入荷しました。シングルフィンの乗り味を発展させ、ドライブ性能、スピードを高めたボンザー。ボリュームのある板ですので普段の波から乗れますが、ぜひ良い波で。

Hawk7’6

31890727_1747416725337270_2206467614991974400_n (640x640)

RIDEではとても人気のあるモデル。圧倒的な幅、厚みで素晴らしい波キャッチ性能に、ウイングで絞ったテールによりコントロール性能を高めています。最速テイクオフでイージーコントロール。おすすめです!

31870250_1747416945337248_5819389195239555072_n (425x640) 31786612_1747416875337255_4381596829309992960_n (425x640)

かなりおすすめなユーズドが2本入荷!

31598598_1747417178670558_220230675804979200_n (640x640)

Rich Pavel Keel Hauler Micro Wing5’9 x 20 5/8 x 2 9/16。極上コンディションです。価格は¥120,000(税別)

Travis Reynolds Fresh Juice 6’6

31760053_1747416788670597_5173760786362793984_n (640x640)

価格は¥130,000(税別)SOLD

連休後半も皆様のお越しをお待ちしております!