Summer Holiday

先日いただいた夏休み。

どこに行こうか。全国波もなく、いつも波乗りばかりの頭の中をリセットすべく旅をしました。

インスタグラムなどのSNSからもしばし離れ、スマホでの撮影も止め、今よりもゆっくりと流れていたであろうかつての暮らしに戻るような旅は新鮮でありました。

IMG_4239

写真は写ルンですで24枚だけ。

日々飛ぶように流れる時間の早さは便利になる暮らしと共に高速化し、目の前の事にじっくり向かい合う時間も無く人との関係までもインスタントになり心を失いがち。多すぎる情報に振り回されたり心配の種になったり、、

IMG_4233

旅の序盤は高野山へ。宿坊に泊まり瞑想したりお寺巡りやヘルシーな食事を楽しみました。

そこから奈良、京都へ。

京都では以前お世話になった漆職人堤さんを訪問。暖かく迎えてくれました。

IMG_4236

旅の序盤ははスマホの情報を見ないことはストレスに感じ、時間を持て余していましたが、半ばからはゆっくり流れ始めた時間が心地良くなり、先のことや過去のことより目の前の事を楽しめるようになりました。

旅の終盤はなにやら波がありそうな予感を感じ日本海へ。

IMG_4237

二日間素晴らしい波で楽しみました。

IMG_4238

IMG_4234

素敵な宿、ゆうなみ小屋のご夫婦との素晴らしい出会いも。

おかげさまでとても素晴らしい旅になりました。

ありがとうございました。

臨時休業と夏季休業のお知らせ

臨時休業と夏季休業のお知らせ。

8/25(水)は恐れ入りますが臨時休業させていただきます。

8/30〜9/3は夏季休業となります。
休業期間中もオンラインショップはご注文頂けますが発送は4日以降にいたします。
メールやDMのお問い合わせもご返信にお時間がかかる時もございますがご理解いただけましたら幸いです。

A2745EBE-6246-4A43-9CB1-5DA2B0E83F54

LOST TRACK ATLANTIC – Episode 3

Episode3モロッコ編が公開になりました。いつかは行ってみたい場所の一つです。見応えありますのでお時間ある時に。

Mackie Designs 取り扱い開始!

RIDEでは新たにオーストラリアNSW州 South CoastのベテランシェイパーMick MackieがハンドシェイプするMackie Designsの取り扱いを開始いたしました。

IMG_3203

かれこれ数年前からお互いコンタクトを取っていたのですがこの度、良いタイミングという事で皆様にご紹介させていただくこととなりました。

ミックさんとはニセコのリフトの上で15年ほど前に会いました。Glass Loveに登場する一風変わったサイドカットフィッシュをシェイプしているシェイパーとして私も知っていたのでそんな話で盛り上がったのを覚えています。毎年ニセコに通うスノーフリークでもあるミックさんはWinter Stickのテンプレートを取りそのままサーフボードのアウトラインに取り入れるなど、スノーボードに影響を受けた革新的なデザインを生み出しています。

今回はMackiedesignsの代名詞とも言えるサイドカットフィッシュとシンプルかつ奥深いGlideが楽しめるSmooth Glideが届きました。

まずはSIDECUT FISH。

IMG_3235

かなりのボリュームがあるレール、テールにかけてサイドカットで急激に絞り込まれたアウトライン。

IMG_3261

もう20年ほど研究を続けているデザインだそうですが、近年ではRyan BurchやRyan Lovelaceらにも影響を与えたMickさんのオリジナルデザイン。 Andrew KidmanのGlass Loveでそのデザインを目撃した方も多いかと思いますが、実際に目にできる映像や情報が少なく、それがここまで大きなヒットとならずにひっそりと知る人ぞ知るカルト的なデザインとして存在していた理由かと思います。

もうすでに完売となっているAndrewのBook&DVD作品 ”Lost In The Ether” ではこのモデルが産まれた背景を深く探っています。Winterstick、Gentemstickなどスノーボードのデザインをどの様に取り入れたかを語っています。また、そのDVDの中での本人によるライディングは波の斜面に大きなラインを描きまさにスノーボードでカービングしているかのようです。もしどこかで見つけたらぜひ手に入れて見てください。

6’4    6’6   6’7の三本が入荷いたしました。

IMG_3228

IMG_3293

フィンは今回、同郷の弟子とも言えるシェイパーJoshua KeoghテンプレートのSoar社製のモダンなキールフィンのがグラスオンされています。

Smooth Glide

C0009F71-F2E3-4C0A-A47C-0C15E21BB098

Smooth Glideはノーズ、テールにやや幅を持たせたたっぷりとしたアウトラインが特徴のシングルフィン。

スタンス間あたりから始まる控えめなVによりエッジtoエッジの切り返し、ピボットにも優れ、イージーなトリムサーフィンが楽しめます。左右のVパネルに入ったコンケーブはリフトとスピードを生み出します。全体的にナチュラルにカーブしたロッカーと共に波と一体化するような、その名の通りスムーズなグライドが楽しめます。

42A35FA2-229A-4D5F-9323-13E8BB0E164E

左からストックの7’4, 私のカスタムオーダー7’5, ストック7’8。

13E00488-9B62-44A1-90B4-8564EDCEF54D

A024237C-4851-4964-BC2F-377AA87E6722

Sidecut Fishもそうですが今回入荷分はクリーミーなオフホワイトハーフオペークカラーでしっかりとグラスされ重みもありさらなるグライドに貢献しています。

さらなるディメンションなどはオンラインショップでご確認ください。

https://www.ridesurf.net/product-list/542

そして先日、良い波で早速6’6のSidecut Fishをテストライドいたしました。

7A7D54FF-F2DC-416F-93B2-D88050457780

4D7EB8F0-2CFE-49F9-A41A-8A3EB544B1F7

IMG_3384

ワックスはもちろんGood Surf Wax。しっかりとした粒により良い感じにグリップいたします。ワックス自体のクオリティーも上がってきています。この感じ、、最高です。

IMG_3383

波は胸肩くらいでやや掘れ気味で三角の良い波。一本目から驚きの体験が出来ました!

板の前方にボリュームがあるのでテイクオフも早く安定しています。掘れた斜面のテイクオフでもサイドカットが波の斜面をホールドしてくれるので安心して望めます。横に走り 波の斜面にサイドカットが効くと気持ち良く斜面にカーブし出します。掘れた波の斜面にもしっかりレールが入りハイラインをトレース出来るしラウンドハウスカットバックも今までに感じたことが無いグリップ感でカーブしながら戻れます。 今まで経験した事が無い素晴らしいフィーリングに驚きました。 この日の朝は波も良く、小さいながらバレルをゲットしました。テールが絞ってある事でスピードを落とすためのストールもしやすいのでポケットにも留まりやすいです。

081F4504-C5C7-4DB2-A505-5EA6168EED95

欲が出てきてオフザリップにチャレンジしたりしましたが、普通の板の様に踏み込んでターンしようとすると曲がりすぎる事も。まるでスノーボードでのカービングの様に腰を落としてサイドカーブの真ん中に体重をかけるイメージだけで板がカーブしていくのが新感覚です。ショルダーの緩斜面で行うカットバックでは特にこの板の特徴であるグリッピーなオンザレール感覚のターンが味わえます。

今回入荷のSidecut Fishは早速完売となりましたがカスタムオーダーも可能です。私が乗った6’6は今後デモボードとして貸出しもいたします。ぜひ一度この新感覚の乗り物を試してみてください。

もう一つのおすすめ。Smooth Glideもテストライドが出来次第レポートいたします。お楽しみに!

IMG_3339

GOGO SURF MAT

San Diego発のサーフマット。GOGO SURFMATが入荷いたしました。

IMG_2725

火水の連休に早速皆で試して来ました。  1Q9A9284 1Q9A9283

麻子はスイムフィン無しでトライ。ものの数分で波に乗れるように。

 1Q9A9341

足ヒレがあれば沖のウネリからバッチリ楽しめます!

ほとんどの海水浴場で楽しめるマット。お子さんと一緒に楽しめます。

1Q9A9339

30分やっただけで足腰がかなりパンパン。歩くのもふらつくくらい、、ヒップアップにも?

波の良い日にやればかなりの高速ライディングが楽しめます。抵抗の無さはマットならでは。是非皆様も!

オンラインショップにもアップいたしました。https://www.ridesurf.net/product/12378

RIDEはお盆も通常通り営業いたします。8/10日火曜日は定休日となります。

1Q9A9366

Joshua Keogh R-19 Channel Twin

Joshから新しいムービー見てねとメールが来ました。

皆様も是非ご覧ください!

Josh New Twin Fin “SNUB”

IMG_2031 2

Joshのニューカラー、モデルのフィンが入荷いたしました。

レギュラーサイズのTwin Finがモデル名をSnub Finとしてリニューアル。Snubとは団子鼻みたいな意味でずんぐりとした様を表している感じです。

IMG_2057 3

こちらが新しいテンプレートとなったSnub。左からWhite Sage, Warm Gray, White。

IMG_2050

旧モデルと比較してみました。白い方が今までのFin。このままでもとても調子良いですが少しだけ幅を出して高さを少しだけ低くしました。チャンネルのツインやフィッシュにも。普段キールフィンを付けている板にこちらをセットしてみても面白いかと思います。

IMG_2051

そして下の画像がSmall Twin。こちらはカラーの変更のみです。

IMG_2059 3

IMG_2055 2

Snubと比較するとその小ささがわかります。そしてSmallの方にはインサイドフォイルが入りよりターン性能が上がります。この小さいフィンはスピードも最高に出ますが、大きな波では少し不安を覚えます。しかしながら小さめな波では驚きの威力を発揮いたします。スピード抜群でタイトなポケットでのターン性能も抜群です。Josh曰く、チャンネルの板にはこの小さいフィンが良いとのことです。また大きな波でフィンが小さく不安に感じるとJoshに伝えたらならもっとレールを使うと良いとアドバイスをいただきました。

Captain Finも新作が届きました。

IMG_2037

Captain Finオリジナルのキール。FCS用も。

下のMaccallumのツインザーセットは小さい方のフィンだけでも色々使えそうです。

IMG_2039

マイキーのBonzer Finは7.5と6.5。通常のボンザーより細身です。良い形をしていますので様々な板に合いそうです。

IMG_2041

ご紹介した商品はオンラインショップからもご購入いただけます。以下のリンクからぜひご利用ください。

Joshua Keogh Fins

CAPTAIN FINS

7月のお休み

いよいよ梅雨も明け夏が始まりました!

7月もRIDEは通常通りの営業になります。7/20,21,27は定休日です。

RIDEは毎週火曜日と第一第三水曜日が定休日となります。  営業時間は平日13:00-19:90 土日祝日は12:00-18:00です。

先日店内を模様替えしてよりお寛ぎいただけるようになりました。 IMG_2018

サーフボードを置く馬の周りもスッキリ広々。

IMG_2025

ご自由に閲覧いただける図書コーナーも設置。

IMG_2029

ゆっくりお寛ぎください。

亮太が始めたニュープロジェクト。Good Surf Waxを使ったWax Upサービス。

IMG_2060 3

RIDE店頭にて7/23まで行います。みなさまぜひご利用ください。

Ericson Surfboards Thruster Edge 5’9

Ericson Surfboards Hotwired and Handshaped Thruster Edgeboard 5’9 x 19 x 2 1/2 Surfer:Ellis Ericson

Footage:Stephen Jones

Music:John Carrol Kirby

Design Experiment Vol.1

RIDEsurf+sport Presents Design Experiment Vol.1公開いたしました。

 SURFER:Seitaro Nakano, Koji Shibata

SURFBOARDS

Joshua Keogh: Liberator Twin6’10, Monad5’11

Tappy Record: Glass Fish5’4, Mod Thruster6’8

Andrew Kidman:Long Fish6’10, Green6’9 1/2

MUSIC: We’d blissed you out/Blissed

FILM/EDIT: Allen Mori

興味深いサーフデザインの数々を検証してい今シリーズの第一弾。 千葉の一宮をホームとしTappy Recordのテストライダーを務めるSeitaroがまずAndrewのエッジボード”Green”に乗り6’9 1/2とは思えない軽快な動きとエッジならではのスピードでフローする。素晴らしい乗り繋ぎ性能を見せるAndrew Long Fish6’10はスモールにおいても抜群のスピードで柴田のようなAged Surferにも楽しめる板だ。 オレンジのTappy Glass Fish5’4でリッピングを繰り返すSeitaro。Classic Twin Keelとは思えないその性能の高さが伺える。 Joshの5’11FishはSeitaroにとってはミッドレンジのような余裕がありながらコントロール性能も抜群。柴田は6’10のJoshのLiberator Twinがお気に入り。謎に早いテイクオフがJoshの板の共通の特徴。 最後はTappy Recordの6’8 MOD Thruster。4チャンネル入りながら絞り込んだテールとトライフィンで爆発的なスピードにコントロール性能が高次元でミックスされた一本。フィンはT.WのTri finをセット。Twin Plus Oneでよりルースな動きを味わうのも良し。 音楽はToshizo Shiraishi率いるBlissed。

お楽しみください。