craft pistachio bonzer

お気に入りのミッドレンジをご紹介いたします。

IMG_7169

 craftの字原さんにお願いして削っていただいたPistachioのBonzerバージョンです。

7’8   21 5/8  3

IMG_7176

シングルフィンや2+1、ツインまでもOKな万能プラットフォームに敢えてBonzerボトムを組み込んでいただきました。

IMG_7269

もともととても乗りやすい人気のモデルですが字原さん流のボンザーボトムを組み合わせる事でとてもスパイシーな乗り味に変化いたしました。

詳しい説明の前に字原さんをあらためてご紹介。

1980年代前半あのLightning Bolt Japan Teamの一員としてYUと共にプロサーファー/シェイパーとして活躍。自ら削った板でパイプラインにもチャレンジしハワイでもそのシェイプが高く評価されました。

IMG_9027 IMG_9028 IMG_9029

1982年のSufing Classic紙から。

以来長年にわたり「スピードは全てを可能にする」というコンセプト通りの板を削り続けています。

さてPistachio Bonzerのデザインに戻りますが他の日本人シェイパーではあまり見ることが出来ないくらいのフラットなスピードロッカーを持ち、ボトムはわずかなロールから始まり緩いVが続きます。後半から始まるボンザーコンケーブとオリジナルテンプレートのボンザーフィンが水の流れを引き込みセンターフィン以降はテールエンドに向かいストリンガーを挟んで流れを二手に分け水を急激に放射状に放ちます。

緩いロッカーながらわずかなロールやVにより水離れも良く、センターのスィートスポットにポジショニングすると小さい波でも非常に高いスピードで滑走してくれます。そしてスピードに乗った状態からステップバックしターンに持ち込むとテールの放射状のVeeコンケーブが一気に作用し、思っても見ない反応の良さで加速しながら方向を変えてくれます。

1Q9A3376 1Q9A3379 1Q9A3383 1Q9A3385 1Q9A3395

乗り繋ぎ性能も抜群でフラットなセクションでも推進力を失わずインサイドまでつなぐことが出来ます。

 1Q9A3465

サイドフィンの効果もありバックサイドも最高。

1Q9A3645 1Q9A3654 1Q9A3655

似た雰囲気の板としてRyan LovelaceのThick LizzyがありますがそちらのレールはかなりシャープでTri Planeのボトムと相まって、押しの弱い波ではバランスを崩しレールが潜ってしまう事もあります。

1Q9A4020

7’4 Thick Lizzy

3inchあるセンターの厚みからナチュラルにテーパードしていく字原さんのレールは敏感に波の情報を伝えてはくれますが引っかかってしまう事は無くとても扱いやすいシェイプとなっています。

どなたにでもお勧めできるユーザーフレンドリーな扱いやすさの中にもしっかりとフィーリングを感じられるミッドレンジボードPistachio Bonzer。

オーダーは常時受け付けています。ご相談をお待ちしております。

IMG_8524

こちらも最近はまっているShade At Motion S.A.Mのハット。オーストラリア、バイロンベイでは88クルーはじめたくさんのサーファーに愛用されています。フィット感も最高です。ツバと後頭部のフラップも視界を邪魔する事なく日陰を作ってくれます。長年のサーフィンで目がやられている私、この夏はこれで目の疲れも軽減できそうです。

もうすぐRIDEでの取り扱いが始まります。是非お勧めいたします!

NPJ Stinger Fish Duo

NealさんのStinger Fish Duoが絶好調です。

IMG_8243

IMG_8305

IMG_8270 IMG_8271IMG_8264

ボトムターンではしっかりとレールが入りターンが伸びています。

IMG_8352IMG_8417 IMG_8419IMG_8422

滑り出しも早く厚いセクションも乗り継げます。ターンでは板も体も良く傾いています。

IMG_8289

IMG_8358

実はフィンの位置をニールさん推奨の位置から少しだけ、3cmほど前方にずらしたのです。

よりドライブが利かせられるようになり、またピヴォットでの回転性も上がりました。

こちらは別の日。

1Q9A29131Q9A29151Q9A2924

素晴らしく速いテイクオフからターンの伸びは最高。

1Q9A2936 1Q9A29371Q9A2940 1Q9A29431Q9A2947 1Q9A29501Q9A2952

6’10とは思えない動きも楽しめます。

1Q9A3083 1Q9A3088 1Q9A3091 1Q9A3092

ノーズ細身でスイングウェイトも軽いです。

ディメンションは6’10  21  2 5/8。

テールのWingの前あたりの幅は広く、広い面が波のパワーを受けテイクオフも早くかつそこまではストレートなアウトラインになりますのでWing前に後ろ足をセットすればレールがしっかり入った伸びのあるロングターンで前方に加速して行きます。Wingより後ろに足を置けば急激に絞られたテールが効いて回転半径の小さいターンに早変わり。

IMG_83551Q9A3192 1Q9A3195

1Q9A3204 1Q9A3211 1Q9A3215

1Q9A3288

Duoはバックサイドも調子が良く、フロントサイド同様に楽しめるのも魅力の一つです。

1Q9A2887

DuoフィンとWingの組み合わせによりよりマニューバーの選択肢が広がりました。

またグリップの良いDuoは板を傾けて遠心力を使う深いターンするにも有効です。フルスピードからターンに入る時にはツインやシングルだと不安を感じる事も。Duoはスタビリティーに優れますので好きなだけ板を寝かせて尚かつ板をpushする事が出来ます。

IMG_8354

 このフルスピードをコントロール可能なデザインは夏の台風の波にも有効に機能いたします。

Fishやミッドレンジを知ってしまったかつてのショートボーダーの皆様に。長い板で波乗りを覚えた皆様がオフザリップなど遠心力を使った波乗りを体感する入り口にも。私の板は台風を考え6’10とかなりボリュームがありますが普段使いにはもう少し小さ目でも良いかと思います。

アウトライン、ボトムやテールデザインにも様々なオプションを備えるDuo。皆様のご相談をお待ちしております。

Ellis Edgeの威力

Ellis Ericsonがブランクスから製作しフルハンドシェイプするエッジボード。

今回は長めのサイズの魅力を探ります。

まずは一番人気の8’0 Tri-Plane Glide。

1Q9A9313

エッジボードの威力はテイクオフの早さから発揮されます。接水面が少ないので抵抗無くスルスルと進んでくれます。

1Q9A66421Q9A6595 1Q9A6623

トップスピードに乗るのもあっという間ですのでブレイクが速い波でも他のデザインに比べ有利に働きます。

1Q9A97821Q9A0712 1Q9A0760

小さな力のない波からも最大限の推進力を生み出し、

1Q9A9525 1Q9A9478

こんなショルダーが逃げていく様な波でもどんどん前に出てくれますので気がつけばとんでもない飛距離を叩き出してくれます。

1Q9A9687

ノーズ幅はやや狭く、薄くシェイプされています。ややピギーなアウトラインも手伝って頭の動きは軽く8’0には感じません。ターンやストールもイージー。レールは浮上している部分が多いので引っかかりも無くスイングします。

1Q9A2613

1Q9A9192

こんな事もやり易い。

下のO君のターンは7’2位に見えますがこれも8’0。

1Q9A3414 1Q9A3421 1Q9A3430

下は7’0のFirst Model。

2019-08-05 16.00のイメージ2019-08-05 16.00のイメージ 22019-08-05 15.53のイメージ 2019-08-05 15.54のイメージ2019-08-05 15.55のイメージ 22019-08-05 15.56のイメージ (1)2019-08-05 15.57のイメージ (1)photo:Kentaro Yokota

初めてエリスのエッジに乗った日です。正直衝撃を受けました。少し掘れたところから行きましたがシングルフィンとは思えない安定のテイクオフはエッジが斜面に噛みトレースしてくれるから。スピードも素晴らしくスープアプローチもご覧の通り、安定したハイスピードで泡を駆け上がり新しいマニューバーも楽しめます。

8’0同様、7’0はスモールから楽しめます。しかし本領を発揮するのは台風などのパワフルな波。

2019-08-05 16.11のイメージ 2019-08-05 16.12のイメージ (2)2019-08-05 16.15のイメージ2019-08-05 16.13のイメージ 2019-08-05 16.16のイメージ

少し厚めなリーフブレイクですが水量がありパワーがありますので一つ上のギアに入りスピードによる浮上感を伴い動きも軽くなりより自由なマニューバーを刻み始めます。バックサイドのリーフブレイクでも驚きの性能を発揮してくれます。フィンは大きな波ではパワーブレイドの8.2や 8.5の硬めなノーマルフレックスもおすすめです。

一本あればかなりの幅を持って楽しめる8’0と7’0。スモール中心に考えれば8’0。大きな波も考慮すれば7’0。どちらも欲しくなってしまいます、、

4月末から5月はじめの次回限定本数シェイプ。7〜8月に出来上がり予定です。夏のトリップ用にぜひ。オーダーをお待ちしております。

Surfboards Research Session 1.

先日の千葉某所。Medium The Brandの伊藤勝則代表と第一回のテストセッションをこっそり開催。

13B5296A-AD3E-4E30-A5AE-841F071CC52E

ショートレングスを試すのには絶好のコンディション。

IMG_7975

Ellis Ericson Hotwire Red 5’11 / Katsunori Ito1Q9A2173 1Q9A2129 1Q9A2176  1Q9A2162

エッジならではの物凄いスピードから深いボトムターン、リップ、チューブとやり放題です。テール幅が広くEPSの独特の浮力& Edgeでプッシュするのに少しコツがあり慣れるまで少し時間はかかるはずなのにすぐアジャストするあたり流石です。Hotwire Redらしいラディカルな波乗りになっています。

Joshua Keogh Monad 5’11 / Katsunori Ito1Q9A2203

最早ロングボードの様な滑り出しからのクイックなファーストターンも決まります。1Q9A22461Q9A2317   1Q9A23281Q9A2329 1Q9A2334

スナップする様なカットバックで取り回しの良さが確認できます。

1Q9A2221

早いセクションも高速でマニューバー。

1Q9A22191Q9A2226 1Q9A2227 1Q9A2228 1Q9A2229  5’11のFishでこの動きは反則です。 FinはキールではなくJoshのレギュラーサイズ。

Andrew Kidman GREEN 6’10 / Koji Shibata1Q9A2421 1Q9A2429 1Q9A2439 1Q9A2444 1Q9A2446 1Q9A2453 1Q9A2469 1Q9A2476 1Q9A2483

サイズは小さくとも次々と出てくるやや掘れたセクションに置いていかれる事なく波の良いところを走ってくれます。気持ち良いです〜

先日Katsuくんが店に来てくれた時にこの板に興味を持っていただきました。「乗って見たいな〜」と言っていたのがきっかけでこの会を開催。この日、最初にGREENを試乗。私も海に入っていましたので残念ながら写真はありませんが余裕のテイクオフからボトムに降りきり深いボトムターンから走り抜ける様なリッピング、ラウンドハウスカットバックを一つの波で何度も繰り返し遥か彼方まで乗り継いでいく様が脳裏に焼き付いています。本人もストークしきりの模様でした。

Medium RPM 5’6 / Katsunori Ito1Q9A2393 1Q9A2396

陸から見ていて波乗りが豹変したと感じたのがこのRPM。長さの違いもありますが最も軽快に走り生き生きとした波乗りを披露していました。

潮が引いて来てだいぶ波も早くなって来た時間帯を物ともせず超高速アップスーンダウンからリッピング、ラウンドハウスカットバック、スナップと自由度位の高いマニューバーを深いトラックを刻みながら繰り出していました。狭いスペースのポケットの中でもTappyシェイプのツインザーはレールがしっかり入り、ドライブしながらカーブしているのが印象的でした。開発段階でテールエリアのレール、エッジを改良し、特徴を持たせた事で可能になったマニューバーだそう。実は私も少し大きめでオーダーしてしまいました。

1Q9A2412 1Q9A2414 1Q9A2416 1Q9A2417

1Q9A2495 1Q9A2497 1Q9A2499 1Q9A2510 1Q9A2514 1Q9A2516

研究会、次回はミッドレングスの予定??

1Q9A2528

Andrew Kidman Shape

Andrewへカスタムオーダーしていた板が先日届きました。

IMG_7338 IMG_7334

一番左が “Pink”。右三本が ”Green”。どの板もオーダー主のご要望に合わせてそれぞれカスタマイズされ、フルハンドシェイプされます。先日ご紹介したムービー “What asr you shaping for”でもマシンシェイプ、大量生産されるサーフボードについてのアンチな姿勢を暗に訴えているアンドリュー。LitmusやGlass Loveを見て育った私には実にしっくりくる感じです。今頃この板達を手にされた皆さんもストークの雄叫びを上げて楽しんでいるのではと想像してしまいます。

アンドリューの板が私の波乗り人生に欠かせなくなってしまったのはOn The Edge Of a Dream Japan Tour以来。それ以前も彼が削ったサーフボードは試したことはあったのですがそのボリュームに負けて楽しめなかったのが正直なところ。このツアーに彼が持ち込んだオリジナルのGreenやPinkに乗りストークし、感銘を受けたのが始まり。ツアー中は最初の2日間の四国を除けば普段のスモールサイズ。その中でも特に”Green”はエッジボード特有の快感を伴ってその威力を発揮し続けました。

四国初日、陽が暮れた後のチューブセッション。1Q9A8434

二日目の素晴らしい波。1Q9A8596IMG_2851

1Q9A8604

1Q9A8703

2週間のツアー中に日本各地の様々なポイントでテストライドを繰り返し相談しながら私の板をオーダーすることが出来ました。体格もアンドリューとほぼ同じ私にはこの6’10のファーストシェイプと全く同じ板が良いという結論になりました。

数ヶ月後、届いた板を各地でテストライド。

1Q9A1175 1Q9A1193 1Q9A1670

四国の海にも里帰り。テイクオフが非常に早いので余裕を持った波乗りが楽しめます。

湘南某所でもものすごいスピードを記録。

1Q9A2360 1Q9A2362

やや大きな波でもコントロール性能に長けたピンテールに二枚のGephart Finが最高です。

1Q9A2509 1Q9A2529 1Q9A2539 1Q9A2551

スモールサイズやバックサイドも最高です。

1Q9A2740 1Q9A2935 1Q9A3067

ついつい車に積んでしまう一本。

1Q9A1165

板にはシェイプサインの他に、聞きながら削ったミュージシャンとアルバムのタイトルを書き込んでくれます。

IMG_7812

実は私、先日Long Fishをオーダーしました。どうやらNeal Young / After The Gold Rushを聞きながらシェイプしたようです。

日本ツアー中、常に助手席に座ってくれたアンドリューに様々な板やフィンについての意見を聞きながら旅をして回ったのでした。

IMG_1537

その時によく話になったのがFishについて。Skip Fryeとも交流が深く、何本もSkipの板を試してきたAndrew。LitmusやGlass Loveの制作過程でDerek HyndやTom Curren達と共にFishについて研究を重ねていた時の話を遠い目をしながら語ってくれました。

現在もエッジボードの進化は止まりませんが、Ellisと共にある一定の成果は上がっています。そんなタイミングで先日AndrewにFishを削ってくれるか?と頼んだのです。今回お願いしたのは6’10のLong Fish。

ツアー中にもよく話題にしたのが長めのフィッシュのターンの難しさについて。「テールを絞ったのは良いがトライフィンはいただけない。3枚のフィンを取ってツインをあらためてグラスオンしたよ。その板を見てSkipはオーマイゴッ◯と嘆いていたけどね」と語っていたアンドリュー、、

今回の私のリクエストはナチュラルなコントロール性能も備えた速いFish。アンドリューは数日考えて返事をくれました。「よし。スキップの調子良い板があるからそのテンプレート、フォイルで行こう。でフィンをFutureにして色々試してみよう。」

Futureは少し寂しいけどまー俺のリクエストが機能寄りだからしょうがないか。とOKをだした数日後。「本当にFutureで良いか?Gephartで回転性が上がる良いテンプレートのプライウッドのフィンがあるからそれにしないか?」と。何かを察したAndrewから救いのメールが。「Sure!」という事で下の画像のようになりました。

 IMG_7517 IMG_7519 IMG_7521

後ろに立てかけてあるグリーンのFrye Fishが元ネタ。

これからMishさんのArtを入れてもらい、偉大なるMoさんがグラスして完成します。届いて海に浮かべるのが楽しみでしょうがありません。

サーフィンのヒストリーとアンドリューの経験が詰まった大切な一本を当店を通じて皆様にご紹介できることを誇りに思います。アンドリューは今年は35本しか削らないと言っています。ぜひお早めにご相談ください。

Always Off Shoreヘアのアンドリューと。1F00448B-2936-4658-9888-70073E84836B

Liberator 7’6

先日の湘南某所。Joshua KeoghのLiberator7’6 Singleに久々乗車。

IMG_7609

IMG_7610 IMG_7611 IMG_7612 IMG_7613photo @kazusolt

モモ腰のいつもの波を素晴らしい波に変えてくれる魔法の板です。ロングボードの皆さんと同じ位置で待つことが出来てなおかつ動きはご覧の通り。

BBEAE31B-A141-434D-BD9F-A8D2CC08A1B24809E091-41E9-4F6F-950A-B2A1CA2F15F7EA561312-D4BD-4746-83E6-1B482E0669E7261037A1-4ACE-4BFE-A07E-08DAF9F9575Dphoto @glide_ stories

テイクオフからトップスピードまであっという間に加速してくれて動きもクイック。一般的なシングルフィンミッドレングスより最大幅が後方に下げられ、ノーズは薄く削られ、ボリュームもスタンス間にありますので回頭性が高く、テールに付いた比較的強いロッカーでコントロールがとてもイージーなんです。

6’10は7’6に比べてテールのボリュームも少なめになり、ロッカーもやや足され、より水量の多いパワーのある波でもコントロールしやすくなっています。

先日入荷したカスタムの4本。左から5’7monad, 6’10, 7’3, 7’6 Liberatorです。Liberatorは今回入荷した2021シェイプからレールにファインチューンが施され微妙にシャープな感じに仕上がっています。

  Liberatorは基本的に7’6と6’10がバランスの良いオススメのサイズとなりますが下の画像のような7’3もカスタムでオーダー可能です。ご相談ください。

IMG_7624

IMG_7629

Liberatorはシングル、2+1、Twinがオーダー可能です。

2021オススメカラーはこちら。

D6152B9E-1C70-47EE-9BE8-5E0E0D8FF3F9 2 D8533828-CA1E-474D-B606-25603095D742 28981C2D4-50C8-48C2-A8E3-4EB9327D6F54 2

オーダーの納期は只今5ヶ月ほど。皆様からのオーダーをお待ちしております!

What are you shaping for

Byron Bay在住のKeita Ikawaの作品。

Andrew, Ellisのエッジボードでのライディングも素晴らしい。

「カスタムが全て。でなきゃ何のために削るんだ?」是非ご覧ください。

THC Surfboards

Joel Tudorが密かに立ち上げた新ブランドThe Huevo Club Surfboards略してTHC Surfboards

IMG_5594

Huevo=Eggです。Skip Fryeをオリジナルとするサンディエゴ伝統のEggを中心に据えて既に様々なモデルをリリースし始めています。Mid LengthやMid Rangeと言う呼び方には抵抗があるであろうSandiego出身のJoelらしいレーベル名です。

RIDEには先日Rick Hamon ShapeのHamon’s Egg6’2が届きました。

82F28B47-2373-4B14-9874-6BE5D7351720 IMG_5595

かなりフラットなロッカーを持ち、Sデッキが特徴的なシェイプ。New Karmaよりルースな動きが楽しめるそう。

その他のシェイパー陣にはTudor Surfboardsでもお馴染みStu KensonやHoy Runnelらサンディエゴの超ベテランシェイパーたちが名を連ね、グラスはSoper Wolfと完璧です。

この度はこれまたこだわったFinのシリーズが届きました。

IMG_5587

美しいVolan Clothを使ったフィンはカリフォルニアの老舗Fins Unlimitedで製作されたもの。Joelの膨大なフィンアーカイブの中から厳選されたテンプレートを使い、間違いのないフォイルでハンドメイドされたフィンのシリーズです。全体的にティップ部分はややしなやかにできていますがVolanらしく芯はしっかりとした感じ。日本の波にもオールラウンドなコンディションで使えます。

IMG_5584

どのフィンも魅力的。じっくりご覧ください。絶妙なサイズのStamndardやMini Flex, Pivotなど。みなさんが今お持ちのシングルフィンEggにも使えるでしょう。

板、フィン共にオンラインショップからもご購入いただけます。

https://www.ridesurf.net/product/11934

https://www.ridesurf.net/product-list/522

ご不明な点などございましたらお気軽に柴田までお問い合わせください。

新年明けましておめでとうございます。

海、山ともに素晴らしいコンディションに恵まれた年末年始。

皆様におかれましても縦横無尽に楽しまれたのではないかと思います。私たちはニセコへ。素晴らしい旅となりましたがその様子はあらためて。

2021もRIDEをご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

IMG_3137

営業時間は引き続き昨年のコロナ以降に変更させていただいた営業時間の通り。

平日は13:00〜19:00、土日祝日は12:00〜18:00。

定休日は毎週火曜日と第一、三水曜日となっております。

冬季は開店時間が多少遅れる日もございます。冬型がバッチリ決まった日などは少し遅れることもあるかと思います。その際はInstafram, Facebookなどで告知いたします。ご迷惑をおかけいたしますがそんな日は山で皆様とお会いできます事を楽しみにしております。

年始からたくさんの方においでいただいたり、メール、SNS等でのお問い合わせもいただいております。サーフボードのオーダーに関しましてはこのようなご時世ですので、ご来店いただかなくともメールでのやりとりでも可能ですのでどしどし info@ridesurf.com までお問い合わせください。

現在たくさんのお問い合わせをいただいているのがオーストラリアの若手シェイパーJoshua Keogh。ジョシュア・ケオと読みます。私は親しみを込めてジョシュと呼んでいます。

IMG_5537IMG_5538

どの板も素晴らしく、共通して言えるのはテイクオフのはやさ。この早さは謎です。そして気持ち良くマニューバーできるコントロール性能。どの板もボリューム多目ですのでグライドする感じも味わえつつスタンス次第ではものすごいルースする感じは新しい感覚です。まさに彼のスローガン、Transcend Further。ネクストレベル、超越しています。

ラスタビッチはR-19channel Twinを愛用していますが、この驚異のマニューバー。

028F9693-262E-4F15-88B2-A7327F2F9BC6

実はあのツインフィンマスターTorren Martynも6’0のM2を気にっているそうです。

IMG_5539

Josh本人

5BABA7B1-D364-403E-B6AF-B1337428EE26AA565DA6-5108-4D90-A94B-3304D5A93BD1

7’7というモデルの7’1。

4903D49F-B5DA-4304-AD6F-ACED8887D41227E3F7CC-58D1-4515-BF01-DB1475A15BBF

2021ニューモデルのConductorは10’2のみ。

本当にどのモデルも素晴らしいです。限定数量で製作する2021のオーダーも受け付け開始いたしましたのでぜひご相談ください。

Ellis Ericsonも素晴らしい。

IMG_4863

基本のモデルは左からグリノーSpoonのアウトラインにEllisのオリジナルロッカーを融合させたHotwire Red。ハイパフォーマンスエッジです。左から二番目、Firstモデルはグリノーオリジナルロッカーを備えたダウンザラインで最も威力を発揮するハイスピードモデル。掘れた波やチューブの性能も素晴らしくダブルアップするようなリーフブレイクでのテイクオフもバッチリ決まる高性能エッジ。長めのサイズレンジではスモールも楽しく乗り繋げます。赤×黄はリーフの大きな波用にカスタムした細身な1本。右は8ft onlyのTri Plane Glide。目下のベストセラーでスモールではロングボードより乗りつなぎの性能は上となります。どこまでも乗りつなぐことが出来るばかりでなく、長さを感じさせず乗り手の意思に答えるクイックな操作感に限界はありません。

カスタムでは新たなシェイプにも答えてくれます。

IMG_5436

この6’4 1/2はミッドレンジのような波キャッチにショートボードのようなポケットでの動きと言うリクエストに答えて削ってくれました。

Ellisは次回3月シェイプ分を限定数量にてオーダー受け付けております。

IMG_5536

他にもYU, RU, Tappy, Craft,Andrew Kidman,Neal Purchase,Mandala,Travis Reynolds,Thomas,Ryan Burch,Christian Beamish,Derrick Disney,Ryan Lovelace,Mitch Surman,THC,Klaus Jones, Fineline,Vouchなどなど、納期は様々。1年以上お待ちいただくシェイパーもおりますが、オーダーのご相談は常時受けつけております。

お問い合わせの多いMorning Of The Earth Surfboardsは2021年のオーダーについて協議中で現時点ではオーダーを受け付けておりませんが決まり次第告知いたします。

それでは、2021年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

Miyazaki 4Days

11月半ば。この時期は初めての宮崎。風が会うか心配でしたが結果的にはなんとかなりました。そして、最後にはご褒美も。

IMG_3694

初日はウネリは大きいものの風が会う場所を探してひたすら走りました。

かなり北まで走り良さそうな河口を見つけましたがもう一声。

IMG_3700

IMG_3695

今回は昔からの仲間ShinとO君との3人旅。皆波グルメ。なかなかポイントが定まらず6時間、走りに走って夕方ギリギリに玉石のポイントでクイックサーフ。ワイルドな感じでパワーもありロングライディングできる素晴らしい波でした。

IMG_4678

IMG_4679

Ryan Lovelaceの7’4 Thick Lizzy。

やっと体を動かせて汗もかいたので、市内をサーチ。

IMG_3707

刺身の美味しい店を発見!

IMG_3710

名物の釜揚げで初日フィニッシュ。

*  *  *  *

二日目はまずリーフを見て風が合わないことを確認してこの風をかわす安定のビーチブレイクへ。

1Q9A8030

Good Surf WaxのExtra Softでは柔らかすぎる暖かい気候に水温。

IMG_1873

IMG_3718

1Q9A8026

久しぶりの掘れたパワーのある波で楽しめました。二日目は長〜い1ラウンドで終了。

市内へ戻りがてらお世話になっているS&Y Work Shopを訪問。落ち着く店内で美味しいコーヒーをいただきくつろがせていただきながら夜のお誘いを。

IMG_3735

先日お届けしたAndrewとJosh。

IMG_3737

いつも通り伝説の名店鳥萬へ。

IMG_3741

トムカレンも宮崎に来たときには毎晩訪れるという。

IMG_3745

がっちり皆で深い時間まで、、

*  *  *  *

3日目、まずは日南方面へ南下するも風が合わず、そこからラウンドハウスカットバックを決めてまたしても北のビーチブレイクへ。

1Q9A8068

昨日よりサイズを増しかなり良い波!

やたら上手い連中が入っているなと思ったら小林直海君をはじめとする日本のトッププロ達でした。

1Q9A8054

1Q9A8059

1Q9A8070

海の中で見る彼らの凄さにかなり刺激を受けました。

私はEllis Ericsonのエッジボード。Hot Wire Red5’11

1Q9A80951Q9A8092 1Q9A8093

Ellisが削るエッジシェイプの中では最も軽快に動くモデル。波乗りが若返った様な気がします。滑り出しはとても早いのでミッドレンジにはまってしまった皆さんにも安心してお勧めできるショートレンジです。エッジの助けにより難しいフルレールでドライブするボトムターンにもトライしやすくスイングウェイトの軽さ、エリスのオリジナルロッカーによりトップアクションも楽しめます。フルハンドシェイプですので超クイックからほどほどの落ち着いた動きまで様々なアレンジも可能です。

1Q9A8118 1Q9A8132

昨日今日と手前のスープにしごかれパドル筋は終了気味。連日のロングドライブで腰にも来てます。

最終夜は市内で初日に行った刺身が美味い店から釜揚げうどんというゴールデンルーティーンをリピートしつつオフショアに変わるという風予報を信じ早めに撃沈。

*  *  *  *

最終日。ついに完璧に整いました。

毎日見に来るもののオンショアでまとまりがなかったここのビーチが胸肩、オフショア、ロングウォールと絶好のコンディションに変貌を遂げました。

IMG_3824

S&Y安田さんはこの日JoshのLiberator 6’10とAndrewのEdge”Green”6’9を2本一気に筆下ろし。

まずはLiberator6’10single

1Q9A8146 1Q9A81581Q9A8160

テイクオフの速さ、ボトムからトップへの加速、ターン性能に驚いていました。

1Q9A8601

私はまずRyan LovelaceのThick Lizzy 7’61Q9A8479  1Q9A8487

ローロッカーゆえの7’4とは思えないテイクオフの滑り出しの早さにトライプレーンボトムによる幅の広さを感じない切り返しのスムーズさ。ボトムターンもカットバックも気持ち良く決まります。

1Q9A82841Q9A8286 1Q9A8288 1Q9A8298

これは1日間違いないということで一旦飯。

IMG_3812

やっとチキン南蛮にありつけました。

ポイントに戻るとなんと波はさらに良くなっており人影もまばら。昼寝もせず即波乗り。

IMG_3816

O君はおニューのJosh 6’10 Liberator Singleが絶好調。

1Q9A8795 1Q9A8800 1Q9A8803

今まで見たこともない様な綺麗なカービングでカットバックを繰り返していました。

1Q9A88776’10のシングルフィンとは思えません。

1Q9A9121

1Q9A8829 1Q9A88311Q9A8839 1Q9A8840

ShinもEllisの5’11 edge board Hot Wire Redで掘れたセクションを簡単にメイクし、カットバックではエッジ全体を噛ませて板全体からスプレーを噴射。

安田さんはAndrewの6’9のedgeに乗り換え 1Q9A8937 1Q9A89471Q9A8950異常に伸びるターン。

先程おろしたばかりの安田さんのAndrewを借りて1Q9A8969 1Q9A8975 1Q9A8978 ピットイン。

どんどん前に出てくれるAndrewのエッジ。最高な感触です。

1Q9A9146

 1Q9A9157

力尽きた私たちを他所にパーフェクトブレイクはまだまだ割れ続けていました。

1Q9A9160

お世話になった皆様、写真を撮ってくれたTetsu & Parisaありがとう!